韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立(産経West)
 韓国の新型戦車「K2(黒豹=フクピョ)」の開発が失敗に終わろうとしている。開発開始(1995年)から20年以上たつものの、エンジンの大出力を駆動系に伝える変速機の開発がうまくいかず、試作品は国(防衛事業庁)の試験に落第また落第。ついに変速機の生産メーカーS&T重工業が「試験方法や性能要求が厳しすぎる」として防衛事業庁を訴えたのだ。現地メディアによるとS&T社は本訴も予告しているといい、国産戦車開発は“泥沼”にはまり込んだ格好だ。

 訴訟トラブルは6月末に明らかとなった。韓国通信社の聯合ニュースなどによると、K2戦車の変速機を開発していたS&T社が変速機の耐久試験に“ギブアップ”したのだ。

 S&Tの主張は「韓国の国防規格は、走行距離が9600キロに達するまで欠陥があってはならないことを意味している。この耐久試験中に欠陥が発生した場合、最初から試験をやり直さなければならない」というもの。同社では試験に時間がかかるとし「このままでは試験を無限ループするしかない」とし、国防規格や試験方法の変更を求めたが受け入れられなかったとして、再試験中断を求めソウル中央地裁に仮処分申請を出したことを6月30日に明らかにした。

 国の定めた規格が厳しすぎるという主張だが、これは「私が試験で赤点なのは、試験問題が難しすぎるからだ。もっと簡単な問題に変えるべきだ」というに等しい。というのも“他の生徒”は試験に合格しているのだ。

 現地メディアによると、かつてK2の変速機は、いつまでたっても国産化できず、車体だけが多数完成して倉庫で埃をかぶる状態になっていたとされる。そこで韓国政府はドイツ製のパワーパック(変速機とエンジンが一体化されたもの)を約100台分購入し、なんとか完成させ、軍に納入した。一方で「これでは当初予定していた国産化とはいえない」として、その後も変速機(とエンジンを一体化したパワーパック)の国産化にこだわってきた。

 ところが韓国製の変速機は試作したものの試験のたびに欠陥が明らかになり、ドイツ製との「質の差」が明らかになるばかり。既にドイツ製を搭載したK2戦車は実戦配備され、何の問題も起していないのだ。
(引用ここまで)

 おっと、お笑い韓国軍、陸の主力兵器であるK2戦車について新情報が。
 パワーパックの変速機製造担当だったS&Tがほぼギブアップ。「こんなハードルを掲げた国防事業部が悪い」とばかりに訴訟沙汰になっているというぐだぐださ加減。
 当初は0→32km/hまで8秒以内という要求性能を10秒までに下げてもらって、なんとか加速性能に関するハードルをクリア(?)したのですよ。
 でも、記事にあるように最初の100両はとりあえずドイツ製のパワーパックを輸入することで制式採用できたという状況でした。

 その後、加速性能は10秒以下にすることができたのでしたが、各種走行耐久試験に合格できないままだったのですね。
 その理由がドイツZF社のボルトにあった(……というよりは実際には想定以上の振動でボルトが削れたっぽい)ので、変速機を封印してドイツに送るはずがS&Tは勝手に封印を解いて「原因究明」してしまったなんてこともありましたね。
 そんなことをしながらもけっきょくは耐久テストに合格することができず、ギブアップ。

 本来であればK2戦車は700両の生産予定だったのですが、追加の80両と再追加の118両の計298両で生産終了が確実視されています。パワーパック生産の問題が最大の理由でしょうね。
 ちなみにパワーパックの製造と車体の製造は別企業なので、ガワだけは着々と在庫が積み上がっているとのこと。
 その他にも目立たないでしょうがいろいろと細かい問題はあるようですが。
 それはこれからの監査発表で分かっていくことでしょう。
 ちなみに開発チームはすでに解散しています

 戦車にかぎらず、ロケットも航空機も本当に自分のものとして消化するためには作り続けるしかないし、技術を伝承し続けるしかないのですよね。
 というわけで、当分は数百両という単位で現役を続けさせられているM48を使い続けるようです。パットン戦車は丈夫ですねぇ……。

世界の戦車パーフェクトBOOK (コスミックムック)
鮎川置太郎 / 後藤仁 / 毒島刀也
コスミック出版
2016/9/10