韓国外交部長官「日本が移転を要求すればするほど少女像は作られていく」(中央日報)
「国と国の合意は何なのか」「韓国閣僚の発言は合意と矛盾」 自民特命委で批判相次ぐ(産経新聞)
−−駐韓日本大使館の前に設置された少女像に対する立場は。

「公館を保護しなければならない外交部の国際的義務があるが、少女像に対する市民社会の熱望に共感して尊重しなければならない。日本が移転を要求すればするほど少女像はさらに作られる」
(引用ここまで)
 韓国の鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家族相は日韓合意の再協議に言及しているほか、韓国の民間団体などが申請した慰安婦関連資料の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記憶遺産への登録を支援する考えを示している。

 中曽根弘文特命委員長は会合のあいさつで、こうした動向を念頭に「国と国との合意は何なのかと遺憾に思う」と批判した。

 外務省は会合で、ソウルの日本大使館や釜山の日本総領事館前に違法に設置された慰安婦像を行政が管理できる条例が韓国で成立したことや、香港の日本総領事館近くに反日団体が慰安婦像2体を設置したことを説明した。日韓合意時に元慰安婦と認定された47人のうち34人が、日本の拠出金10億円を財源として支給される支援金を受け取ったことも報告した。(中略)

柴山昌彦事務局長は会合後、記者団に記憶遺産登録を支援するといった韓国側の動きを「日韓合意と矛盾する」と非難した。その上で「さまざまな動きについて事前に情報を把握し、時機を逸することなく官民合わせて抗議を含めた対応をしていく」と述べた。
(引用ここまで)

 別に韓国国内で何百体作ろうが、それが20万体になろうが50万体になろうが知ったこっちゃないのですよね。
 釜山の慰安婦像を撤去しないかぎり、日韓通貨スワップ協定の協議再開もハイレベル経済協議もなし。
 首脳会談をしたとしても「日韓関係は適切にマネージする」と言われて終わり。いいとこ、韓国側がやる「日本は韓国の主張に理解を示した」とかの虚偽報告をスルーしてあげるていどでしょう。

 慰安婦像を撤去できない国内事情があるって言われても、そんなものはもはや日本の知ったこっちゃない。
 慰安婦記念館も慰安婦記念日もご自由に作ってくださいな。
 それによって日韓関係が没交渉になろうとも、それこそが韓国が望んだことなのだからしょうがない。
 以前のような韓国を「旧国民だから」と擁護してくれる年代の人間は消え去り、韓国側も国内では高らかに嘯いていても日本に来たら土下座で援助を請えるような人間もいなくなった。
 それどころか日本に対してタブーを侵すような輩まで出てきた。

 日韓漁業交渉が何年にも渡ってまとまらないのも、単に漁業の問題だけではないのですよね。
 韓国と同意をしなくてもいい、あるいは利益を与えなくてもいいという国民的同意があるからこそ、交渉においても強気に出られる。

 慰安婦合意について楽韓Webでは最初から「パク・クネ政権では守られるだろうけど、その次の政権によって破られる」という話をしてきました。実際にそうなりましたね。
 そして破られることを前提として、合意を交渉材料として使うことができるかどうかが問題であると語ってきました。
 少なくとも現状は合意の存在をうまく使って、日韓関係をマネージすることができていると思いますよ。

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
草薙龍瞬
KADOKAWA / 中経出版
2015/7/29