慰安婦象徴する「平和の少女像」メモリアルコインが国民公募で発行(ハンギョレ)
 世界慰安婦の日と水曜集会25周年を称えるメモリアルコインに対する国民公募が始まった。

 平和の少女像ネットワークは20日、同日から世界の慰安婦の日の8月14日まで、平和の少女像メモリアルコインに対する公募を進めると明らかにした。「小さな少女記念コイン」(The Little Girl Commemorative Coin)という公式名称がついたこのメモリアルコインは、「慰安婦」被害者ハルモニ(おばあさん)を象徴する平和の少女像の胸像が主な図案であり、少女像の隣には自由と平和を意味する一対の蝶が一緒に刻まれている。コイン左上には韓中日3カ国の「慰安婦」被害者をはじめ、全世界で戦争によって被害を受けた女性たちの魂を称えるという意味で、ハングルや漢字、英語の順で「平和」という言葉を刻み入れた。

 今回のメモリアルコインの発行は、国民の公募で行われ、純銀31.1グラム品位のプルーフライク方式で製造された直径40.5ミリの銀貨の価格は8万7000ウォン(約8680円)だ。メモリアルコインを購入した場合は、2万5000ウォン(約2490円)相当の小さな少女像も無料で提供される。少女像メモリアルコインは、最大の発行数量の3万5000枚(国内3万枚、海外5000枚)の範囲内で、公募された数量だけ製造・発行される予定だ。「平和の少女像ネットワーク」ホームページを通じて公募に参加することができる。
(引用ここまで)

 ほほう、例の慰安婦像を造った夫婦が慰安婦記念銀貨を発行……ですか。

image

 心の曇りかたにおいては右に出るものがいないとも言われるこのワタクシ、ちょっと計算してみたいと思います。
 金曜日時点の銀小売り価格(田中貴金属)が66.42円。

image

 これが31.1グラム使われる。1枚につき原価は66.42円×31.1=2065円。
 ちょっと高めに見積もって2500円にしておきましょうか。いろいろと細々とした装幀もあるでしょうしね。
 小さな少女像もついてくるといいますが、もう原型はあるのですからタダみたいなもんです。
 むしろ以前に発売したものの在庫処分の疑いが強いですね。

 さて、このコインを8万7000ウォンで販売する。
 金曜日のレートで8645円。
 1枚についての利幅はなんと6145円。
 これを3万5000枚発行する。
 6,145×35,000が純利益となるわけです。

215,075,000

 2億157万5000円。
 ……ウォンじゃないですよ。
 あー、こりゃ韓国国内の良心的国民はひとり1枚購入しなくちゃダメですね。追加発行できるようにしなくちゃいけません。
 そうして、日本に韓国人の良心を見せつけるのですよ。

 古来、もっとも儲かるのはお金を作ることだという話があります。
 岡田斗司夫だったかがダイコンだけで使えるコインを作って大儲けしたなんて話もありますね。
 別に儲けることが悪いことだとは思いませんよ。
 それでも2億円なぁ……。

アオイホノオ(11) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
島本和彦
小学館
2013/12/12