NYタイムズスクエア「軍艦島」広報映像の人物 朝鮮人ではなく日本人だった(中央日報)
ニューヨークタイムズスクエア軍艦島「広報映像中の人物、朝鮮人以外の日本人」(中央日報・朝鮮語)
[寄稿]軍艦島の真実攻防と韓国政府がすべきこと(ハンギョレ)
今月3日から一週間、米国ニューヨーク(NY)のタイムズスクエア屋外電光掲示板を通じて上映された「軍艦島(正式名・端島)の真実」という15秒の長さの広報映像で、一部の写真が間違って使われたことが確認されて問題となっている。日本極右勢力が国際社会で強制徴用そのものを否定するための根拠として悪用する可能性があるとの懸念も出ている。すでに日本では韓国側が「印象操作」を通じて「フェイクニュース(偽ニュース)」を量産しているという主張が広がっている状況だ。

該当の写真は、炭鉱の中で横になって採炭作業をしている鉱夫を撮影したものだ。映像物では「軍艦島の本当の名前は地獄島」という内容の前に「120人が死亡した」というコピーとともに配置されていた。ところが写真の中の人物は強制徴用された朝鮮人ではなく日本人であることが確認された。しかもその場所も軍艦島の海底炭鉱ではなかった。
(引用ここまで)

 中央日報の韓国版は「韓国人の反応」が見えるようについでにリンク。
 というか、この筑豊の炭鉱夫の写真であるという話はだいぶ以前から指摘されていたものです。
 つい最近もたとえば韓国のMBCテレビは産経新聞に取材にきた際にこの話を聞いていたはずなのですが、無視していたとのこと。

あきれた「軍艦島」に関する韓国発のフェイクニュース(産経新聞)

 要するに事実などはどうでもいいから、「日本の蛮行」を喧伝したいということなのですよね。
 他にも「強制徴用で端島に行った。父親と一緒に」とかいう証言があって、わざわざ炭鉱に使えないような子供を徴用で連れていく必要がどこにあるんだっていう。
 炭鉱夫募集に応募して家族で移住しただけじゃねえかみたいな話もよくあります。

 証言の内容とか真実性とかどうでもいいのですよ。
 たとえばチョン・ウソンという慰安婦は1937年にインドネシアの日本軍慰安所で働かされたという証言をしています。
 1942年までオランダ領だったインドネシアに慰安所が存在するわけがないのですが、韓国では無批判です。
 ムン・ジェインの公約が聖公約なら、元慰安婦の証言は聖証言ですからね。
 疑いを差し挟むことは人道にもとる行為なのですよ(笑)。

 都合さえよければウソだろうとなんだろうと構わない。
 都合が悪ければ科学的な真実であろうと糾弾する
 韓国社会の縮図です。

 楽韓Webでいうところの「ただの隣国関係でありたい」というのは、そういった輩と距離を取りたいということでもあるのですけどね。