遠ざかる観光立国 上半期の外国人客が日本の半分以下に=韓国(聯合ニュース)
今年上半期(1〜6月)に日本を訪れた外国人観光客が訪韓外国人客の2倍以上に達したことが分かった。

 韓国観光公社と日本の観光庁によると、1〜6月に韓国を訪問した外国人観光客は675万2000人となり、前年同期比で16.7%減った。

 一方、同期間の訪日外国人は17.4%増の1375万7300人となった。

 昨年の上半期は訪韓外国人が810万9800人、訪日外国人は1171万3800人で、今年に比べ差は大きくなかった。

 訪韓観光客が急減したのは、中国当局が3月に出した韓国旅行商品販売禁止措置により外国人観光客で最多だった中国人が40%以上減ったためだ。中国は米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に対抗する形で同措置を取った。

 また、1〜3月は前年同月比で増加していた日本人客も北朝鮮の軍事挑発への懸念などから4月(5.4%減)に減少に転じ、5月(10.8%減)、6月(6.9%減)と減少が続いている。

 これに対し、上半期に日本を訪れた韓国人客は339万5900人となり、前年同期比で42.5%増加。訪日外国人のうち最も多かった。

 中国政府の韓国観光商品販売禁止が長期化するとみられるのに加え、東南アジアや米州、欧州からの観光客も減少しているため、韓国と日本の外国人観光客数の差は今後さらに広がる見通しだ。
(引用ここまで)

 中国人観光客が少なくなったことだけではなく、日本、ヨーロッパ、東南アジアからの観光客も減っている。
 かつてはライバル関係でしたが、もはや観光客数はダブルスコア。
 これ、要するに日本に観光客を全体的に奪われているってことなのですよね。
 以前にも書きましたが、移動距離や物価などを考えると日本と韓国は「観光地」としてのライバルです。
 ですが、ん韓国にはリピーターがつきづらく、日本はその逆という傾向があります。
 そういうリピーターの積み重なりで大きな差になった、ということでしょうね。
 円安が以前よりも進んでいるというわけでもありませんし。

 浅草に行くと平日でも「ココドコー」っていうくらいに日本語聞こえてこない状況。そしてなぜか楽韓さんは英語で道を聞かれる(ヘタをすると1日3回とか)。
 京都じゃ桜のライトアップをやめるところが出てくるほど。
 もうちょっと時期と地域をずらしていかないとやばいんじゃないっていうのが実際のところです。

 以前は仁川国際空港の入国審査までは降りてから1時間くらいかかるのはざらだったのですよ。
 それを避けるためのノウハウ、たとえば持ちこむのは手荷物だけにして、なるだけ前の座席を確保する……というような話が語られるほどでした。
 うちは別に急がない人なので、ゆっくりとすごしていましたけどね。
 ところがいまや閑散としていて、入国審査も余裕があるとのこと。

 それほどまでに韓国客が減っている。
 だけども、ぼったくりは止まらないし、魅力のあるアミューズメントパークができるわけでもない。
 TDRやUSJなんかのアミューズメントパークはいまアジアからの観光客にめちゃくちゃ効いているって話ですね。
 一刻も早く韓流ウッド仁川ロボットランドをオープンさせるべきではないでしょうか。
 何度も行っているからこそ分かるのですが、ホントに魅力に欠ける国なのですよ……。
 それでいながら、あそこまでの観光客をキープできていることがむしろすごいと思います。いや、ホント。