【社説】北ICBM発射後に首脳間で電話会談がない韓米関係(朝鮮日報)
文大統領の休暇中、北ICBMめぐり米日首脳が電話会談(朝鮮日報)
 北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した影響で、韓国では大統領府を中心に実に理解し難い出来事が連日のように起こっている。米国のトランプ大統領と日本の安倍首相は31日に緊急の電話会談を行って直ちに対策を協議したが、本来ならトランプ大統領は文在寅(ムン・ジェイン)大統領と先に電話会談をすべきはずだ。この指摘に対して韓国大統領府は「文大統領とトランプ大統領は近く電話会談を行う」と説明した。ところがこの「近く」という言葉の意味について大統領府は「文大統領の休暇が終わった後」という言葉を後から付け加えた。到底納得できない説明だ。 (中略)

 文大統領の休暇をめぐって疑問の声が高まると、大統領府は「文大統領は7月26日に北朝鮮がミサイルを発射する兆候があるとの報告を受けた」と公表した。「しっかり対処している」と言いたかったのだろうが、一方でミサイルの発射を予測しながらその翌日に休暇の計画を公表したことへの疑問が膨らんでしまった。確かに誰が考えても尋常ではない。しかも文大統領が報告を受けたとされる日の翌日、合同参謀本部は「北朝鮮がミサイルを発射する兆候はない」と矛盾したコメントを発表している。 (中略)

 今政府内では何が起こっていてこのような混乱が続いているのだろうか。この情けない状況を米国など周辺国は当然見ている。韓米首脳間の電話会談が実現しないことも今のこの混乱と関連があるとすれば、事態は本当に深刻な状況にある。
(引用ここまで)
文大統領は就任初日の5月10日夜、ソウル市内の自宅でトランプ大統領と電話会談を行った。私邸でも電話会談を実施したのだから、休暇の滞在先で電話会談が実施できない理由はない。

 まず、文大統領が会談を少し先延ばしにしようと提案した可能性がある。文大統領は、北朝鮮がミサイルを発射した直後の29日午前1時に開かれた国家安全保障会議(NSC)の全体会議で「さまざまな可能性を念頭に置いて、断固として対応し、朝鮮半島平和ビジョン(ベルリン構想)の動力が失われないよう状況を管理する知恵が必要だ」と述べた。軍事境界線での敵対行為を中断するための南北軍事当局者協議など「北朝鮮との対話」の希望を捨ててはいないという意味だ。このような文大統領に対して米国からは「(北朝鮮と)対話する時間は終わった」との声が出ており、米日首脳が「北朝鮮に対する圧力強化」を強調していることが文大統領にとって重荷になっている可能性もある。

 次に、トランプ大統領が文大統領との電話会談を急いでいない可能性もある。安倍首相との電話会談に見られるように、米国側は文大統領に対し「独自の制裁を含む、より強力な北朝鮮への圧迫」を求めてくる可能性が高い。しかし、文大統領が北朝鮮との対話を強調しているため、韓国側との制裁協議は適切ではないと(トランプ氏が)判断しているというわけだ。高麗大のキム・ソンハン教授は「文大統領が南北関係の運転席に座りたければ、その車に同乗する人々と意見調整をしなければならない」として「米国と協力して北朝鮮を非核化する方向に持っていくという点を明確に示さなければ、無駄な誤解が生じ、同乗者たちがみな降りてしまう状況になりかねない」と指摘した。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインは米韓首脳会談のあとに「韓国が朝鮮半島事態に対して主導権を持つことを認められた」とか言っていましたね。
 その後も、「運転席に座っているのはあくまでも我々だ」とかなんとか。で、G20直前にベルリン構想とやらを発表して、その後に軍事・赤十字会談を申し入れて完全にスルーされていましたが。
 主導する云々いうのであれば、この事態を解決してみせろって話なのですよ。
 対話前提でもなんでもいいから、この状況を解決しろ。できないなら黙っておけ。

 通常であれば、この事態の直後に1週間の夏休み。それも米韓首脳による電話会談も夏休み明けになんてことは「運転席に座っている」のであればあり得ない話。
 むしろ日米間のほうが密に連絡をとっているほどだっていう。
 つまり、アメリカから見てこの問題で役に立つであろうとされているのは日本であって、韓国との会談はむしろ邪魔になるってことですよね。

 対話がオプションとなっていても、現状じゃ圧力を伴わなければなんの意味もない。
 でも、その現実は見たくないので夏休み突入。
 なんというかムン・ジェインの人となりがよく理解できる状況ではありますね。

 えーっと、きっとこの1週間の夏休みを利用して体勢を立て直すのでしょうね。ええ、そうに決まっています。

ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密! PSP the Best
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2012/7/26