【新・悪韓論】韓国カメラマンは“バカの中のバカ”なのか 「構図」「風景」「服装」全部同じ…気持ち悪いメディア写真(zakzak)
 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、常に周囲と際立って違う服装をしている。これに対し、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、周囲が大統領と同じ服装をする。

 両者はまったく正反対の現象のように見えるが、本質は同じだ。トップは「絶対的に偉い存在」であることを、自ら示すか、周囲が示すか−の違いが表出している。民主主義とは真逆の権威主義政治文化が底流にあることは何ら変わりない。 (中略)

 文氏が白いワイシャツでノーネクタイなら、出席者はみんな、白いワイシャツにノーネクタイ。みんながほぼ一様に口を少し開けて、いかにも作った笑い顔を大統領の方に向けている。
(引用ここまで)

 リンク先の画像は7月27日にあった、ムン・ジェインと大企業幹部の集まりで「ビールミーティング 」というもので。
 「胸襟を開いてビールでも飲みながら今後の韓国について話し合いましょう」というものだったそうで。
 でもって、その様子がムン・ジェインを中心にして、まったく同じ格好をした人間が揃っていると。
 ムン・ジェインがノーネクタイに白いシャツであれば、そのように。

mun1

 画像はzakzakの記事から引用。

 そして28日にも同様の会合がありまして。

大統領府「ビールミーティング」で明らかになった韓国経済の特徴(ハンギョレ)

mun2

 画像は上記記事から。
 このときはムン・ジェインがノーネクタイでジャケットありの姿だったのですが、周囲の人間もすべて同じようにノーネクタイでジャケットあり。
 これ、なんかで同じ風景を見たな……と思ったのですが。

 G20で日米韓首脳会談があったときに、韓国マスコミが「トランプ大統領とムン大統領は赤いネクタイで統一されている。安倍は青いネクタイで仲間はずれだ!」と騒いでいたのとまったく同じ構図でした。
 権力が上のものに合わせようとする、徹底した事大精神の賜物ですね。

 というような感じで比較文化論的には理解できるのですが、なんというか……根本的なところで「分からない……文化が違う!」って感じです。

[まとめ買い] ヒストリエ(アフタヌーンコミックス)
岩明均
講談社