就任早々冷や水…河野外相「慰安婦合意は履行すべき」(朝鮮日報)
河野日外相、就任「慰安婦合意着実履行」冷水(聯合ニュース・朝鮮語)
 日本の河野太郎・新外相は3日、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる韓日合意について「着実に履行されるべき」と述べ、日本政府の従来の観点を維持する立場を示した。

 共同通信は3日、河野外相が就任後の記者会見で「日韓慰安婦合意は着実に履行されなければならない」と述べたと報じた。河野外相はまた「米国との同盟を強化する」として「韓国、中国、ロシアとの連携も深める計画」とも述べた。

 河野外相は、慰安婦問題の旧日本軍の関与を認めた「河野談話」を発表した河野洋平・元官房長官の息子だ。

 河野外相はこれまで慰安婦問題について積極的に意見を述べることはなかった。しかしA級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社を首相が参拝することについては否定的な立場を示してきた。

 このため河野太郎氏の外相就任は、慰安婦問題で平行線をたどっている韓日関係にとって転機になると期待する向きもあった。しかし河野外相のこの日の発言は、韓日関係改善への期待に冷や水を浴びせる格好となった。

 河野太郎氏の父の河野洋平氏は官房長官だった1993年、旧日本軍の慰安所が当時の軍当局の要請によって設置され、慰安所運営などに日本軍が関わっていたことを認めた上で、元慰安婦の女性たちへの謝罪と反省のメッセージを発表した。しかし安倍首相は2014年「河野談話検証報告書」を通じ、日本政府の立場を覆した。
(引用ここまで)

 安倍内閣改造の一報が韓国国内で流れた際に「あの河野談話の河野洋平の息子が外務大臣に就任した!」ってものすごい期待値が上昇したのですよ。
 どのくらい上昇したかというと「これで慰安婦合意の再交渉に弾みがつくかも!」とかメディアが書くほど。
 ネタ探しにNAVERニュースを定期巡回していますが、本当にえらい勢いでした。
 まあ、河野洋平本人はいまでも「安倍政権の対韓外交は間違っている」とか言い出すアレな人物なので、期待が高まるのは理解できなくはないですかね。

 儒教社会である韓国においては「父親の権威にたてつく」なんていうのは一種のタブーです。
 父親のというか、「上にいる者」に対しての意見具申とかとんでもない世界です。
 もちろん、法律で禁じられているというわけではないのですが、韓国人の精神世界に染みついている意識……とでもいいますかね。
 サンフランシスコ国際空港でのアシアナ航空の事故原因は「目上の存在である上司が監督していたために、機長がサングラスをすることもできず、ゴーアラウンドの判断もできなくなった」とされています。
 韓国で謝罪碑を撤去しようとした吉田清治の息子さんなんかも、「父親の善意が理解できないくそ息子」みたいな扱いを受けています。

 というわけで、韓国での河野太郎に対する期待値の上昇というのはものすごいものであったのです。
 まあ、その夜には河野太郎自ら「慰安婦合意の着実な履行こそが日韓関係のベースである」と発言したことで、ジェットコースター並のスピードで萎れていったのですが。
 ここで「慰安婦合意について再交渉を」とでも、安倍内閣の一員が言い出すとも思ったんですかね。
 そんな閣内不一致になるようなことをするわけがないでしょうに。
 いわゆる「後頭部を殴られた!」状況に数時間で陥っていったという。

 日本でも「河野洋平の息子が?」とかいう話が一部に出ていたようですが、河野太郎はけっこう傑出した政治家だと思います。
 エイレイガーの人たちにとっては気に入らない人選でしょうけどね。

これからの日本の政治の話をしよう
河野太郎
ビンワード
2012/12/1