ソウル市長「ソウルの全住宅で太陽光発電すれば原発24基減らせる」(中央日報)
ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長は29日、「ソウル市のすべての家の屋根で太陽光発電ができるなら韓国の原子力発電所24基を減らせると考える」と明らかにした。

朴市長はこの日浦項(ポハン)で行われた慶尚北道東海岸核問題と政府脱核政策を主題にした特講でこのように話した。

朴市長は「ソウル市はすでに省エネルギー政策として2%のエネルギーを節約し、原子力発電所を減らせる再生可能エネルギー源を探すのに努力している。一例として下水で小水力発電する方策を求めており、2万人の子どもたちを省エネルギー守護天使に任命し幼い時からエネルギーを節約する習慣を植え付けている」とした。
(引用ここまで・太字引用者)

 省エネルギー守護天使……あー、はい。
 えーっとですね、現在のソウル市長であるパク・ウォンスンは極左。
 左派とかじゃないのです。極左。
 以前、わざわざ挺対協とかVAAW-NETの連中がオランダのハーグにまで行って法廷ごっこをやってた「女性国際戦犯法廷」というごっこ遊びがあったのですが。
 そこで「韓国代表検事」役として「戦犯」らを責め立てた人物です。

 なぜか左翼であればあるほど再生可能エネルギーにやたらにうるさくなるのですよ。
 この構造がいまひとつ理解できないのですけどね。
 今回のこの発言も噴飯物で。
 「太陽光発電をソウルの建築物すべての屋根に設置すれば24基の原発を減らすことができる」のだそうですよ。
 韓国で稼働している原発は24基。総発電力に対する原発の割合は32.3%。そのすべてを停止させることができるんですって。
 ……そもそもその費用はどこが負担するんでしょうね。もはや屋上に発電パネルが乗らないような老朽化した建築物も多数あるはずですが。

 現在、韓国の発電量割合は石炭火力39.4%、原子力32.3%、LNG火力19.4%、石油火力5.2%、再生可能エネルギー2.8%、水力0.9%(2015年・韓国水力原子力調べ)。
 つまり、夜間発電、曇りの日、雨の日もはほぼ火力だけに頼るということになるわけですか。原発は電力が足りなくなったら即稼働して電力供給できるような代物じゃないのですけどね……。

 韓国はもはや左翼の夢社会と化しそうですね。
 原発が消え、大企業には法人税を大きく課して福祉は充実。人々は大企業からの軛から解放されて、最低賃金は年15%のペースで上昇し、非正規雇用もなくなり携帯電話料金も安くなる……と。
 それでいて電気料金も上がらず、一般国民の税金も上がらない。夢のような国ですね。
 そういえば売春が禁止されたのはノ・ムヒョン政権時代でしたっけ……。
 どんどんと「キレイナ韓国」が実現していきますねー(棒読み)。

AUKEY ソーラーチャージャー ソーラーパネル 21W 2USBポート 折り畳み式 iPhone 6 iPad Air2 Xperia Z5 Galaxy S7 Android各種他など スマホ スマートフォン タブレット モバイルバッテリー 対応 ソーラー充電器 アウトドア ポータブル USB充電器 PB-P4
AUKEY
2015/9/5