【コラム】THAAD配備地、星州警察の嘆き(朝鮮日報)
 慶尚北道星州郡にある町内会館前では、国防部(省に相当)が終末高高度防衛ミサイル(THAAD)発射台2基などを搬入した4月末からTHAAD配備に反対する団体メンバー・住民のデモが続いている。デモ隊は町内会館前の往復2車線道路の半分まで不法占拠して「臨時検問所」を設置、一般車両はもちろん警察車両まで検問する。さらに、6月末からはTHAAD配備に賛成する保守系団体もこれに対抗してデモを行っている。

 警察はこの一帯に3個中隊(240人)を常時配置している。住民らは先日、「警察バスのエンジンをかけてエアコンをつけるな」と抗議したという。うるさいし、排ガスが臭いという理由からだ。警察は先週末から星州ゴルフ場のキャディー宿泊施設だった町内会館前にある4階建ての建物の一部(現在は国防部所有)を借りて休憩時に使っている。

 警察はこの3カ月間あまり、「星州が無法地帯になっているのにもかかわらず、公権力を行使できていない」と世間から非難を浴びている。しかし、現場で見ていると、警察が無気力に見えるのにはそれなりの事情がある。先月13日に保守系団体がTHAAD配備に賛成する合法的なデモ行進をしようと試みたが、THAAD配備に反対する団体メンバー・住民に阻止された。この時、90代の女性2人と80代の女性7−8人が道路に座り込み、保守系団体のデモ行進を阻んだ。女性警官数人が抵抗する高齢の女性たちに腕をかまれてあざを作るなどして負傷した。警察は証拠収集作業などを実施したが処罰は保留した。

 警察はこれまで3回、住民らが設置・運営している違法検問所を強制的に撤去しようとしたが、そのたびに高齢の女性たちがデモ現場に出てきた。警察は「高齢女性デモ隊」の背後にTHAAD反対勢力の存在があると考えている。警察が強制力を行使できないよう、意図的に高齢の女性を前面に立たせているのだ。警察関係者は「いくら違法だとしても、高齢の女性たちを強制的に連行するのは容易ではない。デモの形態はますます緻密(ちみつ)で知能的になっているように感じる」と語った。
(引用ここまで)

 星州のTHAAD配備基地(元はロッテ所有のゴルフ場)に対して、デモ隊が検問しているという話が出てきましたが、  どこでも左翼というのは考えることが同じなのでしょうね。
 安保関連法が審議されていた国会で「セクハラバリケード」というものを作っていたバカな国会議員がいましたが。
 あれは吐き気を催したなぁ……。

 それと考えかたがまったく一緒。
 「我々は弱者なのに、強者が搾取していくのだ」というアピールをする。
 線上で人間の盾を使っていた連中と考えかたが大差ないのですよ。

 80代、90代の女性を前面に出して警察がひるむのを狙うとか。
 で、それにたいして「緻密で知能的」とかアホかっていう。
 こんなの、強制排除して拘束しないかぎり延々とループするだけ。得意の空手家のパンチ並(でもテコンドーよりは弱い)放水銃でもカプサイシンスプレーでも、なんだったら催涙弾の水平射撃でも使って排除すりゃいいのにね。
 まあ、大統領がこういったデモに寛容なので警察も対応に苦慮しているというのが実際なのでしょうけども。
 上の意向によって大きく変化するのがこういった組織の常ではありますから。