正義記憶財団、「慰安婦」被害者ハルモニたちの念願を込めたリストバンド製作(ハンギョレ)
 「日本軍性奴隷制問題の解決のための正義記憶財団」(以下正義記憶財団)が「慰安婦」被害者のハルモニ(おばあさん)たちの願いと意志などの証言を込めた七色のリストバンドを製作して公開した。正義記憶財団は今月4日、フェイスブックに白、オレンジ、黄、水色など七色のリストバンドの写真を掲載した。

 写真によると日本に勤労挺身隊として連行され、「慰安婦」被害者となった故金学順(キム・ハクスン)さんの「被害者がここに生きています」という証言が白の腕輪に刻まれている。(中略)

リストバンドの七色は、「慰安婦」被害者の尊厳と尊さ(紫色)は、市民たちの希望と連帯(黄色)や調和(オレンジ色)、生命(緑)、平和(空色)が重なり合って成り立つことを意味するという。リストバンドは正義記憶財団の後援者たちに提供される。今月7日からは正義記憶財団のホームページ(foundationforjustice.org)とソウル鍾路区(チョンノグ)旧在韓日本大使館前で毎週水曜日に開かれる水曜集会の現場で販売される。
(引用ここまで)

 シルク印刷のシリコンリストバンド。
 何千個かの単位で作れば1個あたりは50円以下ってとこですかね。それが7色で350円。
 「正義記憶財団」のサイトやフェイスブックをざくっと調べたのですが、日本大使館前でやっている水曜集会においていくらで売るというようなアナウンスは見つかりませんでした。
 でもまあ、これまでのパターンからすると2万ウォンってところですかね。3万ウォンもあり得るかなぁ。

 またもや慰安婦商売でぼろ儲けですね。
 前回の慰安婦像を作ってきた夫婦はシルバーメダルを作って大儲け慰安婦ピンバッジで大儲けに続いてます。
 まあ、最初からこういったアイテム作りっていうのは、数がさばけることが分かっていれば確実に儲かるものなのですよ。
 慰安婦関連グッズであれば韓国では堅いですからね。ピンバッジは1万7000個売れたそうですよ。
 このシリコンリストバンドも大売れするんじゃないでしょうか。
 いやはや、おいしい商売を見つけたものです。

不二貿易 ガラスコレクションケース 3段 幅42.5cm 96049
不二貿易
2013/9/11