韓国地裁、三菱重工に賠償命令 元挺身隊員の訴え(日経新聞)

 ああ、地裁判決ですか。こんなのはどうでもいいのです。
 すでに大法院(日本の最高裁に相当)へと上告されている1次訴訟がありまして。
 実はこれがこれからの日韓関係において最大の問題となりえるものなのです。ちょっとメモ代わりに書いておく必要があると思いますので、書いておきましょう。
 時限爆弾の針は刻一刻と進んでいるのに、誰もなんら措置をとっていないという恐ろしい状況。
 韓国でもほんのわずかな人間だけが、このことを爆弾であると認識していますが。
 日本ではさらに少ないかなぁ。韓国ウォッチャーであってですらも少ないと思います。

 現在、件の1次訴訟は一度大法院から高裁へ差戻が命じられ、高裁で三菱重工が敗訴してから再上告されています。
 再上告されてから3年以上放置されており、いまだに判決が出る様子はありません。

 ハンギョレが「いまだに大法院は徴用工賠償問題の再上告について判決を出そうとしていない。再上告が行われてから1年9ヶ月にもなる。『個人請求権は消滅しない』と差戻を命令してからもう4年が経過しようとしている」というクレームを記事にしてから、すでに1年半。
 最初の差戻判決が出てから5年2ヶ月。
 再上告が行われてから3年ちょっと。
 いまだに韓国大法院はこの裁判の判決を出そうとしていないのですね。

 法体系的には誰がどう見ても、判決は「三菱重工に対して賠償を命じる」しかないのです。
 大法院が『個人請求権は消滅しないので、それに基づいて判決を出せ』と高裁に差戻審を命じ、高裁は三菱重工に1億ウォンの賠償を命じた。
 であれば、大法院は自らの出した『個人請求権は消滅しない』という判例に従って、三菱重工に賠償を命じる以外にない。
 ですが、それをやれば日韓関係は破綻します。どのくらいの影響があるのか、ちょっと想像できないレベルです。
 イ・ミョンバクの天皇謝罪要求を1としたら10以上の破壊力があると思います。

 大爆発間違いなし。
 センチ単位で地雷が埋まっている地雷原を駆け抜けるくらいの勢い。そして埋められてるのは核地雷クラス。
 かといって、日韓基本条約を鑑みて「実は個人請求権なんてありませんでしたー、テへっ」とかやったら最後、裁判官個人がろうそくの炎で燃やされて高く吊されることが確定しています。

 進めば「日韓関係を終わらせた戦犯」として吊し上げられる地獄。
 退けば「チニルパ」としてろうそくの炎に焼かれる地獄。
 どちらも地獄なのでただ立ち止まっているだけなのですね。
 日本政府は賠償命令が出た場合、ICJに提訴する意向であるという話ではありますが……。

 ちなみに大法院で『個人請求権は消滅しない』という「画期的な判決」を出した裁判官は、「英雄気取りで『正しさ』に酔った」と毎日新聞の澤田克己記者に書かれていましたね
 差戻審にしただけですから地雷を踏むのは自分じゃないので問題なしです(笑)。

 日経の記事にもありますが現在、賠償要求訴訟は10件あまり。
 大法院が1次訴訟に対して賠償命令を出したら、その数は無限にまで膨れ上がるでしょうね。
 さーて、どうなりますかね。

ドラゴンクエスト スマイルスライム モンスターぬいぐるみ ばくだん岩
スクウェア・エニックス
2017/8/27