光復節:「対話で解決」繰り返す文在寅大統領(朝鮮日報)
【社説】北朝鮮危機、対話で解決できない場合はどうするのか(朝鮮日報)
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、光復節(日本による植民地統治から解放されたことを記念する日)の式典で祝辞を述べ、北朝鮮問題に関するこれまでの提案を繰り返し、新たなアプローチを示さなかった。「戦争反対」というスローガンは口にしたが、北朝鮮の核問題が対話で解決できなかった場合の解決法は示さなかった。(中略)

文大統領が今回の祝辞で特に強調したのは「平和」と「戦争反対」だ。文大統領は「韓半島で再び戦争を起こしてはならない」とした上で、「韓半島での軍事行動は大韓民国のみが決定できる。韓国と米国政府と立場は異ならない」と述べ、韓米同盟を強調したが、これは遠回しに米国による武力行使示唆に懸念と反対を表明したものと受け止められる。
(引用ここまで)
しかし北朝鮮・朝鮮労働党の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は核開発を放棄する考えなど全く持っていない。金正恩氏は愚か者ではない。核を放棄した瞬間、自分自身にいかなることが起こるかよく理解している。(中略)

 今や普通の人なら誰でもこの程度の事実は理解できるようになった。そのため今国民が大統領から聞きたい言葉は「対話と交渉を行うにしても、それがだめならどうするのか」ということだ。「戦争反対」とか「平和的解決」などの言葉は確かに間違ってはいないが、それによって北朝鮮の核問題が解決しないのであれば、大韓民国に住む5000万人の国民は金正恩氏の奴隷として生きていくしかないのか、あるいは他に何か方法があるのかを知りたいのだ。 (中略)

北朝鮮は事実上の核保有国となった。このままでは米国が韓国政府の頭越しに行動を起こすことを懸念せざるを得ないが、その全ては韓国が自ら招いたことになる。その時にこの大韓民国はどのように生き残れば良いのだろうか。文大統領にぜひとも説明してほしいものだ。
(引用ここまで)

 これこそがムン・ジェイン政権にとっての最大の問題でしょう。
 個人の人生であれば退路を断ってひとつの物事に集中するなんてこともできるんでしょうが。
 政治外交はそういうわけにもいかない。次善の策、それ以降の策も必要となる。

 「対話路線」が最優先事項なのはよいけど、それが通用しなかった時はどうするのか。
 太陽政策とやらで飴を与えるのか、制裁に加わるのか。
 延々と「朝鮮半島事態で主導権を握るのは韓国だ」っていう話をしているけど、「主導権を握る」にはどんな条件が必要なのか。
 運転席に座っているのであれば、それなりの責任を果たす必要があるのですがどのようにして果たすつもりなのか。

 次善の策がまるきり見えてこないのですよね。
 朝鮮日報をはじめとした韓国の保守派マスコミの言論からも、いらつき(それもかなり強いそれ)を感じます。
 まあ、実際には対話路線以外のなにも考えていないのでしょうけど。
 大統領選挙のときにTHAADについて言ってた「すべての陣営が満足する腹案がある」なんて話もけっきょくは有耶無耶になって「THAADフル配備!!」とかになっていたわけですし。

 それでもまぁ、こんなのを大統領に選んじゃったのは韓国人なのですし。しょうがない。
 楽韓Webはムン・ジェイン政権を応援してますけどね。なんだったら憲法改正して任期延長とかしちゃってもいいんじゃないかってくらいに。

韓国人に生まれなくてよかった
武藤正敏
悟空出版
2017/06/01