「解決済み」政府が韓国に確認要求(毎日新聞)
額賀氏「徴用問題、文大統領に言うべきこと言う」(中央日報)
政府は18日、韓国の文在寅大統領が、日本の植民地時代の元徴用工の個人請求権は消滅していないとの見解を示したことに対し、「徴用工問題は1965年の日韓請求権協定で解決済み」という日本政府の立場を改めて伝えた。韓国政府が「解決済み」という従来の立場を変えたのかどうかの確認も求めた。ソウルの日本大使館を通じて申し入れた。
(引用ここまで)
額賀会長は18日、安倍晋三首相に会い、文大統領を表敬訪問する計画について議論した。額賀会長は記者らに対し「安倍首相と徴用工(強制徴用者)問題について意見を交わした」とし「(文大統領に)言うべきことは言う」と伝えた。
(引用ここまで)

 日本政府は「日韓基本条約で解決済み」という従来の立場を伝え、かつ韓国政府からの「解決済み」という認識に変化があったのかの確認。
 21日には日韓議員連盟が訪韓して額賀議員がムン・ジェインを表敬訪問。その際にも徴用工問題を取り上げて「言うべきことは言う」と確認。

 17日の就任100日記者会見で「(日韓基本条約締結後に知ることになった)慰安婦問題が解決済みというのは理屈に合わない」、「徴用工については大法院(最高裁相当)が個人請求権に関しては消滅していないという判決を下した」というコメントをしたことについてのリアクションですね。
 これ自体が安倍総理からの「ゴールポストは動かない」というコメントに対応したものであったのですが。
 要するに全面対決であるという宣言なのですよ。

 だけども、これらはこれらとして傍らに置いておいて、経済や安保では別途にツートラック外交で行きましょうっていうのが韓国の……というかムン・ジェインの目論見。
 つまり、慰安婦合意はもちろん日韓基本条約すら覆す勢い。
 そもそも、韓国の左派は日韓基本条約を「軍事政権の結んだ一方的な条約であって認められない」という立場の人間が多いのです。
 大統領選挙中の対日外交顧問であったホサカ教授も気が狂ったとしか思えないコラムの中で「日本は上海臨時政府を継承した大韓民国を認めろ」というような話を書いていました。これは要するに「日韓基本条約自体が無効だ」という話をしているのです。
 ムン・ジェインが光復節前後に語った「韓国の建国は1919年である」という話も実は同じ文脈でして。

韓国建国は「1919年」 論争に終止符=文大統領(聯合ニュース)

 韓国左派の「1948年建国の大韓民国は保守派による偽の建国」という意識から出た発言なのですね。
 そして、日韓基本条約は「偽の建国を継承していた軍事政権」が勝手に結んだ条約なので「日本は1919年建国の大韓民国と新たに条約を結ぶべき」という話につながるのです。
 これも「韓国左翼の夢の国」プロジェクトの一環なのですね。

 そんなものが日本政府に通用するかといったら、そんなわけはなく。
 そもそもがツートラック外交が通用するわけもないのですよね。
 「正義のろうそく革命によってうち立てられた聖なる政権」という認識は韓国国内では通用したとしても、外交で通用するわけがない。
 早晩、この夢の国プロジェクトは現実によって打ち砕かれて破綻せざるを得ないのですが。

 誰かムン・ジェインに対して「そんなバカなことはやめろ」といえる人物はいるのでしょうかねー。
 いないと思いますが。