被害者追悼コイン・腕輪…「少女像マーケティング」商業化?(中央日報)
こうした中、最近慰安婦被害者「追悼コイン」の販売を目標とする「平和の少女像ネットワーク」というオンラインショッピングモールが誕生した。少女像を製作したキム・ウンソン氏とキム・ソギョン氏の作家夫婦が民間企業に外注して制作した。2人は旧日本大使館前の少女像など計55点の少女像を制作してきた。2人は追悼コインをチャド共和国の名義で発行すると明らかにし、国民公募形式で資金を集めている。来月13日の第1300回水曜集会(旧日本軍慰安婦問題の解決を求める定例集会)までに発行するのが目標だ。

このショッピングモールの初期画面には「慰安婦被害者追悼コイン、日本側の圧力で発行取り消し」と書かれている。キム・ウンソン氏に日本側の圧力について尋ねると、「確認されていない。心証だけ」と答えた。ショッピングモール収益金の70%は寄付金として使われると説明している。これに関しキム・ウンソン氏は「まだ寄付対象団体は決まっていない」と話した。

このホームページの追悼コインプロジェクトの説明には「慰安婦被害者の努力であり実質的な主役」とある。しかし水曜集会を主導する韓国挺身隊問題対策協議会(挺身隊対策協)の関係者は「追悼コイン事業と慰安婦被害者の間に直接的な関連性はない。私たちがする事業ではない」と話した。

イ・テクグァン慶煕大グローバルコミュニケーション学部教授は「被害者追悼物品が慰安婦問題を大衆に認識させるのには役立つが、歴史に対する客観的な認識を妨げる国粋主義的な要因として作用するおそれがある」と指摘した。チョン・クンシク教授も「民族主義が商業性と結びつけば無分別な集団排他主義を招きかねない」と警告した。

キム・ウンソン氏は「少女像が商業化されているという証拠はない。私もミニチュア少女像販売収益金1億3000万ウォン(約1240万円)全額を寄付した」と語った。
(引用ここまで・太字引用者)

 徴用工像で内紛が生まれつつあるというエントリでもちらっと書いた、慰安婦シルバーコインの発売中止についても書かれていますね。
 慰安婦像を造り続けてきた夫婦は発売中止に追い込まれたのは日本の圧力だと通販サイトに書いているとのこと。
 いわゆる「物証はないが、心証では日本の圧力があったことは確実だ」ですか。

 人はなにかが起きたときに「自分であればそのシチュエーションでどのように行動するか」で推察するといいます。
 この「物証はないが心証では確実だ」というのも、そもそもロンドン五輪で韓国サッカー代表が乗ったバス遅れたときに韓国サッカー協会の関係者が発した台詞なのですよ。
 「イギリスが手を回してこうしたに違いない」ということで。

 つまり、自分であれば圧力をかけるという自白に他ならないのですが。
 ゲスはどこまで行ってもゲスであるということですね。
 商業主義で儲けのために作るって宣言すればいっそ清々しいのに。「延々と慰安婦像を造り続けてきたのだから権利はある」って言えるでしょう。
 意匠的にも。
 それに対して挺対協は「我々のあずかり知らぬところで行われていいる」と発言していますが、内心は「我々の取り分が少なくなる」っていう徴用工像に対する気分と同じでしょうね。
 ……あっ(察し)

下衆の極み (文春e-book)
林真理子
文藝春秋
2017/3/7