文大統領“ファンタジー指令”の愚 歴史学会ヘ「伽耶史を復元せよ」(ZAKZAK)
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領のさまざまな指示の中でもユニークなのは「伽耶(カヤ)史を復元せよ」とする歴史学会への要請だ。古代の伽耶諸国は、慶尚道(キョンサンナムド=朝鮮半島南東部)から全羅道(チョルラド=同半島北西部)に及ぶ地域にあった。そこで伽耶史を見直せば、両道の差別意識を内包する壁を突き崩せる、というのが彼の狙いだ。

 しかし、朝鮮半島に伽耶史に関する史料は皆無といえる。それでも「復元して見直せ」と言うのなら、やがて出てくるものは“お家芸”ファンタジー創史でしかあるまい。

 韓国のインテリなら「史料はある。『駕洛国記』を知らないのか」と叫ぶだろう。だが、『駕洛国記』は、原本はもちろん写本もない。あるのは野史『三国遺事』(1289年)に収められた抄録だけだ。

 そこには、天から降りてきた金の卵から次々と男児が生まれ、伽耶5カ国の王になったこと、長男である金首露(キム・スロ)のところにはインドの阿踰ダ(アユダ)国から王女が嫁いできたという神話が載っている。

 日本の史学者の中にも、「天孫降臨の原型だ」と、はしゃぎ回った人がいた。

 ところが、半島に伝わる最古の正史である『三国史記』(1145年)は、金首露の子孫である新羅の英雄・金ユ信(キム・ユシン)の墓誌に「少昊金天氏之後、故姓金」とあることを記している。

 つまり、「天孫降臨の原型」は、金ユ信の没後、何者かによるファンタジー神話なのだ。

 『三国史記』は、その下手人についても示唆している。金ユ信の玄孫(孫の孫)が一族の伝記を書いたが「頗多醸辞、故刪落之」と。つまり、捏造ファンタジーがあまりにも多いので採用しなかった、と。

 一方、『三国遺事』は、『三国史記』が載せなかった史料は何でも載せる編纂(へんさん)方針だ。だから檀君神話まで載っているが、『駕洛国記』は抄録しか載せなかった。とても史料批判に堪える内容ではない。

 だが、朝鮮日報の元東京特派員は、文大統領の指示に関連して、「世界史上、これほどのロマンスがあるだろうか。16歳の王女がインドから3カ月間船に乗って朝鮮半島に渡ってきて国王と結婚した」(朝鮮日報2017年6月12日)と、はしゃいでいる。国際部長、論説委員まで歴任したインテリでも、このレベルなのだ。

 非インテリが「インドから来たなら茶を持ってきたはず」→「韓国は日本よりはるか前から茶を飲んでいた」とファンタジーを膨らませるのは当然か。
(引用ここまで)

 おっと、このムン・ジェインによる「伽耶史復元事業」は注目していたのですよ。まだそれほどのことも言っていなかったので続報か具体的な方針でもあったらエントリを書こうと思ってました。
 加羅(伽耶)という国があった、ということは確実なのですが。
 そして日本(倭)とかなり強い結びつきがあったということは、日本書紀に加羅任那の記述があり、前方後円墳が出土するのでおそらく確実なのですが。

 それらの考古学的資料として出土するもの以外のまともな記述がほとんど韓国側には残っていない。
 っていうか、日本書紀にある記述のほうが多いんじゃないのっていうレベル。

 むしろまともな記述がないので逆に妄想し放題。
 復元し放題。

 以前に「辰国」を例に韓国は常に韓国人によって治められてきたという妄想があり、それを教科書で教えているのだという話をしましたが。この辰国も史書にほとんど記述のない国なのです。
 現状、加羅(伽耶)についてのウリナラファンタジー俗説はそれほどないのですが、これから山ほど出てくるという宣言だったということになりますかね。
 ウリナラファンタジーで国威発揚して、国民統合……ってところか。どんなものが出てくるか、なかなか楽しみです。