東京都知事、異例にも「関東朝鮮人虐殺」追悼文拒否、理由は…(中央日報)
小池百合子東京都知事が慣例を破り、関東大震災朝鮮人犠牲者の追悼式に追悼文を送付しないことにした。

24日の東京新聞によると、小池知事は来月1日に東京都墨田区の横網町公園で開かれる関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式に追悼文を送付してほしいという市民団体の要請を断った。

東京都は小池知事が追悼文を断った理由について「都慰霊協会主催の大法要が関東大震災の9月1日と東京大空襲の3月10日に開催される。知事はそこに出席し、亡くなった人すべてに哀悼の意を表している」と説明した。

民間団体が横網町公園に関東大震災朝鮮人犠牲者の追悼碑を建立した1973年から毎年追悼式が開かれている。2006年からは市民団体で構成された実行委員会が東京都に追悼文を要請すれば、東京都知事は毎年欠かさず送ってきた。小池知事も就任直後の昨年9月、追悼文を送付している。しかし今年9月の追悼式には、3月の東京大空襲追悼式に出席したという理由で追悼文の送付を拒否したのだ。

小池知事のこうした変化の背景には、朝鮮人犠牲者追悼碑に刻まれた犠牲者数6000余人をめぐる論争があると、東京新聞は伝えた。

小池知事の昨年の追悼文が公開された後、自民党所属の東京都議員は碑文の犠牲者数の根拠が希薄だと指摘すると、小池知事は「追悼文は毎年、慣例的に送付してきた。今後については私自身がよく目を通した上で適切に判断する」と答弁した。

追悼式の主催側は「震災時に朝鮮人が虐殺された史実の否定にもつながりかねない判断」と懸念を表した。また「天災による犠牲と、人の手で虐殺された死は性格が異なり、大法要で一緒に追悼するからという説明は納得できない」とし、近く抗議する予定と伝えた。
(引用ここまで)

 なるほど、こうきたか。
 すでに小池知事は桝添前知事が約束していた韓国人学校の設立を白紙撤回するなど、「韓国に優しくない知事」として認識されていましたが。
 都議選で都民ファーストの会が自民党を上回る議席数を獲得したので、なぜかいきなり救世主扱いになったことがあるのですよ。
 要するに韓国人的には安倍を倒す人間であれば正義であるという認識だったのでしょうが。

 その「正義の人間」が関東大震災の「朝鮮人虐殺」に対して追悼文を拒否したということで韓国国内でもちょっとした話題になっています。

小池東京都知事、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼文「拒絶」(ニューシス・朝鮮語)

 「韓国人の反応」としては「日本人は誰が頭になろうと同じ」「日本人が選ぶのはみな右翼」というようなコメントが多いですかね。

 正直なところ、都知事・政治家としての能力には疑問符がつきはじめている状況ですが、こういった部分ではうまさを感じずにはいられない。

 こういうものは多くが前例主義でなにも考えずに継承されてしまうものなので、やめるという選択肢はなかなか選ばれません。
 それをあえて「拒絶」するということで自分のスタンスを際立たせている。
 ホント、うまいですよね。

蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた? - 初の女性首相候補、ネット世論で別れた明暗 - (ワニブックスPLUS新書)
新田 哲史
ワニブックス
2016/12/8