韓国・文大統領、徴用工問題で“ビミョー”な発言「政府間では解決」「判決について話」(ZAKZAK)
 安倍首相は電話会談で、日韓の請求権問題は解決済みだとの日本の立場を強調し、「未来志向の関係を構築していく上でも日韓の懸案を適切に管理していくことが重要だ」と述べた。

 聯合ニュースが大統領府関係者の話として伝えたところによると、文氏は電話会談で「この問題が韓日基本条約と韓日会談で解決したと韓国政府も認めた」と述べた。また、17日の記者会見で個人の請求権は残っているとの見解を示したことに関しては「国家間の問題ではなく、被害者と企業間に残っている個人的請求権まで解決したのではないという趣旨の(最高裁の)判決について話した」と述べた。その上で「この問題が未来志向的な関係発展の足かせにならなければいい」と続けたという。
(引用ここまで・太字引用者)

 NHKなんかは「ムン・ジェイン大統領が『徴用については国家間で解決済みと認識』と語った」というように報じていましたが。

元徴用工問題 ムン大統領は解決済みの立場 韓国大統領府(NHK)
これに関して、大統領府の当局者は記者団に対し、ムン大統領は日本政府と同様に、徴用工問題は1965年の日韓請求権・経済協力協定によって解決されたという立場だと説明しました。 (中略)

元徴用工の問題をめぐって、日本ではムン大統領の発言から、「韓国が従来の立場を覆したのではないか」との懸念が強まっていたことから、これを打ち消そうとしたものと見られます。
(引用ここまで)

 これは昨日の夕方に出たニュースでしたが、ちょっと慎重に見ていましたね。
 「解釈の余地がありすぎる話だな」と当初から感じていました。なので韓国側のニュースもさらっていたのですが、案の定でした。

 ステータスとしてはなにも変化していない。
 就任100日会見で述べた民事裁判として「強制徴用被害者」が企業に賠償を請求することはできる(=個人的請求権は消滅していない)という認識を変えていないのです。
 そして、着々と三菱重工や新日本製鐵住金に対して賠償金を支払い命令判決を出させる用意をしている。

 昨日のサムスン電子副会長への有罪判決はパク・クネを確実に有罪にするための生け贄だと書きました。自分たちの意のままにならない判決を出したらただじゃおかないという宣言を、すでに大法院長官指名で行っています
 我々に対して跪くのであれば飴をやるが、そうでなければパク・クネと一緒に高く吊してやると。
 そして、こうして「企業への賠償請求は自由だ」とすることで、徴用工裁判への判決も操る気なのですよ。

 これを止めることはムン・ジェイン本人にもできません。
 韓国人による国民情緒法はすでにパク・クネにも、三菱重工にも新日本製鐵住金にも有罪判決を出しているのです。
 それに反する行動を取る人間はろうそくの炎で焼かれるしかありませんからね。
 ポピュリズムに乗ることで当選した大統領は、ポピュリストであり続ける以外にその存在を許されないのですよ。

赤化統一で消滅する韓国 連鎖制裁で瓦解する中国
宮崎正弘 / 室谷克実
徳間書店
2017/7/26