通常更新を一端ストップして日米韓のサイトやテレビ等いろいろと報道を見ていたのですが。

 これまで北朝鮮はミサイルを撃ってもロフテッド軌道を描いていました。つまり、北朝鮮の領土から領海を越えても公海に着水まで。
 今回は中距離弾道弾を撃ち、いわゆる通常軌道で日本を超えて太平洋に着水。もうこれは「挑発」の域を超えている。
 どれほど挑発行動しても自分に利益にならない、であればさらなる挑発行動に出るしかない。
 我々はどこまでであろうともエスカレーションしていく、という覚悟を見せているのでしょう。

 こちら側から見たときにはその手段はともかく、目的が不明なのですが。
 国内事情的には合理的な考えがあるんだろうなぁ……というか、こうしていかないと国内が持たないところまで来ているというか。

 Jアラートはほぼリアルタイムで警報を鳴らすことができ、軌道も把握できていたとのことで。
 日本政府の対応もしっかりしている。
 ただまあ、L字画面ではあったものの、けものフレンズ最終回を流していたテレビ東京を見るとまだまだ日本は平穏なのだなぁ……と感じます。

サーバルパーク (SUN MAGAZINE MOOK)
南幅俊輔
マガジン・マガジン
2017/4/24