日本メディアの北ミサイル速報、韓国軍より8分も早かった(朝鮮日報)
 日本の各メディアは29日早朝に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した直後、全国瞬時警報システム「Jアラート」で迅速に情報を発表し、一部地域に避難を呼び掛けた。日本政府は北朝鮮によるミサイル発射など有事の際に備えて自動で情報を伝達する「Jアラート」システムを運用している。韓国軍当局は北朝鮮によるミサイル発射について、6時6分ごろ韓国メディアに文字メッセージで伝えたが、日本はそれより8分も早かった。(中略)

 一方、韓国軍当局は日本より8分遅い6時6分ごろになってようやく北朝鮮によるミサイル発射の事実をメディアに伝達。これまで韓国国防部(省に相当)は、ミサイル発射など北朝鮮による挑発の情報について「韓国軍の情報資産を用いて日本メディアより先に伝える」と強調してきたが、これが守られなかったことになる。

 京郷新聞によると、韓国軍当局は「『北朝鮮が飛翔体を発射』と国内メディアに伝達したのは午前6時6分で、日本メディアはNHKが韓国の聯合ニュースの報道を引用する形で6時16分に初めて報じた。よって日本メディアの報道が韓国メディアの報道より10分遅かった」と釈明した。韓国合同参謀本部の関係者は「日本が午前5時58分に出したのは実際の状況を確認していない機械的な早期警報システム(Jアラート)であり、通常のメディア報道ではない」として「実際のミサイル発射に対する国民への伝達は韓国軍と韓国メディアの方が先だった」と主張した。 
(引用ここまで・太字引用者)

 韓国政府も発射の兆候を掴んでいて、スタッフは深夜2時から大統領府につめていたという話です。
 飛翔体として推定されている火星12は液体燃料なので、セッティングにそれなりに手間がかかります。このセッティングの様子を衛星画像から把握できたはずです。
 日本も同様に政府は発射兆候を把握していたのでしょうね。
 安倍総理が6時22分には公邸を出発して、2分後から官邸で報道各社との会見に応じているところからも間違いないでしょう。

 それでも速報で韓国メディアも韓国軍も負けている。
 韓国軍なんて「日本のメディアは韓国報道の後追いだった」なんて書いてますが、そんなわけないのですよね。Jアラートが発動されればそのままメディアはそれを出します。緊急地震速報と同じです。

 ……一応、交戦中の国であるはずなのですが。
 少なくとも男子はなんらかの形で兵役を通過している「国民皆兵」を国是としている国じゃありませんでしたか?
 まあ、韓国にしては早かったとはいえると思いますが。どうせ距離的には速報がどれほど早くても間に合わない位置ですし。
 速報性はそこまで大事じゃないのかもしれませんねー(笑)。

フォーナイン〜僕とカノジョの637日〜(1) (ビッグコミックス)
莉ジャンヒュン
小学館
2014/10/30