THAAD追加配備、今週中に完了か…陸路ふさがればヘリコプターで運搬も(中央日報)
文在寅(ムン・ジェイン)大統領にとって今週は大きな懸案が相次ぐ「安保週間」だ。安保週間の最初の日程として文大統領は28日、国防部から業務報告を受け、対北朝鮮関連メッセージを出す予定という。政府の対話提案にもかかわらず、北朝鮮は26日未明、東海(トンヘ、日本名・日本海)上に短距離飛翔体3発を発射するなど挑発の動きを続けている。北朝鮮の労働新聞は27日、「身の程知らずのおかしな対話条件たわごと」という個人の筆名(イ・ヒョクチョル)の論評を通じて文大統領を冷やかしながら激しく非難した。「運転席などと身の程知らずのたわごとを言うよりも、自分に合った椅子に座って口を閉じている方がはるかに賢明」としながらだ。 (中略)

北朝鮮の脅威に対抗して高高度防衛ミサイル(THAAD)発射台4基を追加配備する案は今週中に結論が出る可能性が高い。青瓦台の関係者は記者らに対し「現在、小規模環境影響評価が進行中で、月曜日(28日)ごろ結果が出るだろう」と述べた。青瓦台はTHAAD追加配備は文大統領の指示事項(7月29日、NSC)であるため、小規模環境影響評価の結果が出れば早期に臨時配備するという立場だ。

これに関連し、政府内では一部の星州(ソンジュ)郡民と市民団体の会員が進入路を防いでいる状況を避けるため、THAAD発射台を分解してヘリコプターで運ぶことも検討している。匿名を求めた政府関係者は「奇襲配備の負担を減らしながら臨時配備を完了するためにヘリコプターで空輸する案も挙がっている」と伝えた。しかし国防部が「少なくとも一日前にはメディアと地域住民に知らせる」と述べただけに、警察力など物理力を動員して正面突破する可能性もある。
(引用ここまで)

 ほう、ヘリコプターで部品単位にしてまで運びこむ状況かぁ。
 痺れを切らせたというか、これ以上の放置は無理だとムン・ジェインも悟ったということですかね。 
 これ以上、使える「防衛兵器」を配備せずに在庫として抱えているなんて無駄は容認できないという要望が国民からも上がっているのを感じたのでしょう。
 さすがポピュリストの極みにある存在。

 そもそも「臨時配備」という話で4基のランチャーを配備するということだったのですが、それでも認識としては「年内までに臨時配備」というのんびりしたものだったのですね。
 それが24日前後にはアメリカから「緊急に完全配備せよ」という話があった模様です。

THAAD:30日までに配備完了、米軍が韓国政府に要求か(朝鮮日報)
 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の未配備ランチャー4基について「米軍が韓国政府に30日までに配備を完了させるよう要求している」との発言が24日に出た。

 国会情報委員長を務める保守系最大野党「自由韓国党」のイ・チョルウ議員はこの日夜、同党の議員集会で記者団に対し「李洛淵(イ・ナクヨン)首相から先日直接聞いた話だ」と前置きした上でこれを伝え「この問題で李首相は頭を痛めている」とも述べた。
(引用ここまで)

 ついで韓国の国家安保室長からも「THAAD配備は早まるだろう」という発言が出てきまして。

韓国国家安保室長「THAAD4基の臨時配備は早まるだろう」
チョン・ウイヨン青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長が24日「高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の発射台4基の臨時配備が近いうちに完了すると期待する」と話した。

チョン安保室長はこの日、国会予算決算委員会に出席して「今年中にTHAAD4基の追加配備が行われるか」との質問に「それよりはるかに早まるだろう」と明らかにした。

チョン安保室長が「期待」という表現を使ったものの、最近北朝鮮の核とミサイル脅威、米軍高位将軍などの訪韓直後の発言なので近いうちにTHAADの配備を完了するという意味と見られる。
(引用ここまで)

 さらには26日に短距離弾道弾3発の発射があり、おまけに昨日のIRBM
 そりゃまあ、在韓米軍としてはTHAADを配備しようという認識になるでしょうね。

 ですが、配備地の星州の元ゴルフ場への道は反対派が違法にふさいでいる状況。
 なので、ヘリで納入する……か。

 思えば4月頭にトランプ大統領が「中国が北朝鮮核問題に手をこまねくなら独自にあたる」と宣言し、その月末にTHAADの強行配備
 そして今度はヘリを使ってまでTHAADの完全配備。
 アメリカの認識としては「THAADが必要になる事態」が迫っているということなのかもしれませんね。

 おっと、国防部長官から反対派住民に「配備を理解してほしい」という手紙が届いたそうですよ。
 追い込まれてますねぇ……。

「追加配置理解してほしい」... 国防長官サード反対住民代表に手紙(聯合ニュース・朝鮮語)

 なお、NAVERニュースのコメントは「配備は当然だろう」という声ばかりとなっています。

戦争にチャンスを与えよ (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2017/4/20