文大統領はまた除外? 北ミサイルめぐり日米だけで電話会談(朝鮮日報)
日韓首脳、北朝鮮巡り電話会談 「さらに強い制裁決議」へ連携(ロイター)
 朝日新聞、読売新聞など日本メディアによると、安倍首相はこの日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射に関連する対策について議論するためにトランプ大統領と約40分にわたり電話で会談した。

 電話会談の直後、安倍首相は「今回のミサイル発射は前例のない深刻な生命の脅威であり、日米が北朝鮮への圧力を一層強化することで完全に一致した」と述べた。 (中略)

 一方、青瓦台(韓国大統領府)の関係者によると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこの時点で米・日という重要な安全保障同盟国との電話会談を実施する予定はなかった。

 先月31日、北朝鮮が米国本土まで攻撃可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射するという未曽有の事態が発生した際にも、トランプ大統領は同盟国の首脳のうち唯一、安倍首相とだけ電話会談を行った。文大統領はこのとき夏期休暇中で、トランプ大統領との電話会談を実施したのは1週間後の今月7日になってからだった。

 文大統領は、北朝鮮が日本と米国を同時に脅かすミサイル発射を強行した29日も、米日首脳との電話会談を実施せず、午前中に国家安全保障会議(NSC)常任委員会を自らの主宰ではなく鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長に主宰させ、結果報告を受けて韓国軍に強力な対北報復能力を誇示するよう指示した。

 しかし日本が北朝鮮による武力挑発の脅威にさらされたことから、近く韓国政府と高官級の間で安保協力について何らかの話し合いが行われるとみられる。

 日本が韓半島(朝鮮半島)に対して直接の軍事対応を準備することになれば、韓米の安保協力とは異なり韓国世論が過敏な反応を示す恐れがあることから、青瓦台も韓日首脳による電話会談などを経て慎重な判断を下すとみられる。

 一方米国とはこの日、鄭義溶・国家安保室長がマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官がティラーソン国務長官と、それぞれ電話で会談し、北朝鮮問題で協力する方針をあらためて確認した。

 北朝鮮の挑発に関連した日本や米国の動きをめぐり、韓半島の安保危機で韓国が排除されているという「コリア・パッシング」の状況が再び起きているのではないかとの指摘も出ている。
(引用ここまで)
安倍晋三首相は30日午前、韓国の文在寅大統領と電話会談し、北朝鮮のミサイル発射を巡り協議した。両首脳は、国連安保理での北朝鮮に対するさらに強い制裁決議に向け、日米韓で連携することを確認した。西村康稔官房副長官が電話会談後に明らかにした。

電話会談は午前9時半から約20分間行われた。
(引用ここまで)

 安倍総理とトランプ大統領は発射その日の午前中にさっそく電話会談。
 時間も40分ほど。
 まあ、安倍−トランプ間の連携はそれなりに取れているといってもいい状況ですかね。
 今回の発射は北朝鮮西部から日本海、日本の領空を飛び越えている。その直線上にはハワイがあるというルート。
 日米首脳がしっかりと話し合いをすべき状況ではあったというわけです。

 その一方で米韓の首脳会談は当然のようになし。
 日韓首脳会談も翌日になってようやく20分。通訳をはさむことを考えれば実質10分。
 挨拶を入れたら2回ほど言葉の行き来をさせることができるかな。
 象徴的な話をしたら終了ってところですかね。
 とりあえず電話で首脳会談したという実績作りには役立ったのではないでしょうか。
 今回の北朝鮮事態について、どこの首脳とも会談しなかった(できなかった)ということを避けることはできたかなと。
 24時間以上経過してからですが。

 まあ、これが北朝鮮核問題における韓国の実際の立場ってところでしょう。
 ICBM発射→即夏休みというように、関与しない宣言をしてきたのですからこういう扱いを受けて当然というわけです。
 朝鮮半島事態において「運転席にいるのは韓国人だ」でしたっけ?
 正確に言うなら「運転席にいるのは韓国人だ」(運転するとは言ってない)って感じでしょうか。