【イラン戦】韓国、数的優位にもかかわらず、イランと0-0で引き分け(BEST ELEVEN・朝鮮語)
サッカーW杯:「韓国サポーターの皆さん、おめでとう」イラン代表監督が皮肉?(朝鮮日報)

 2007年だったかアジアカップをタイ・ベトナム・マレーシア・インドネシアの4カ国で共催したことがありましたね。1カ国では無理なアジアカップも1/4負担の共催にすれば……というような形だったのですが。
 いやもう、芝がぐずぐずで話になりませんでした。結果、日本は3位決定戦で韓国にPKで負けての4位でしたかね。ただ、それ以上に「ああ、お金のないところにサッカーの主催をやらせてはいかんな」と強く思いました。
 とはいえ、アジア予選ではホームアンドアウェイでやるときはああいった場所でもやらなければならないのですけどね。

 ヨーロッパを主戦場としている選手が多いチームであれをやられると、一気に取れる戦術が狭くなってしまうのです。
 パスが通らなくなり、ドリブルも封じられてしまうので、ロングフィードからのゴールを狙うぽっかりサッカーの応酬になるのです。

 んで、昨日の韓国戦ですが。長雨の影響なのか、芝のコンディションがひどすぎ。
 あからさまに根付いていない。なにこれ、土に芝を持ってきて乗せたのってくらいのひどさ。
 イラン代表が「練習ピッチの芝が異常にめくり上がる!」「韓国はこんなことをしてまで勝ちたいのか」ってクレームを入れていたのですが。
 本番のピッチはそれと同じだったというオチ。なんという親切さ。これが韓国流のおもてなしというヤツですかね。

 すでに突破を決めているイラン代表は早々に守備にシフトして「負けなきゃいいや」というような形になったのですが、勝ち点3がなんとしてでも欲しい韓国は縦パス一本からの放り込みを繰り返すだけ。まあ、そんなものに対応するのはさほど難しいわけでもありませんから、さらっと流される。
 次第に試合が荒れてきて後半7分にはレッドカードでイランのMFが退場。
 そんな10人相手に前回のアウェイでのイラン戦と同様に枠内シュートゼロでスコアレスドロー。

 そりゃイラン代表監督も「韓国におめでとうと言いたい」くらいの嫌味も言いますわ。
 韓国は監督がどうこうとかじゃなくて、根本的に弱いんですね。
 でも、ウズベキスタンもシリアも同じくらいに弱い。どんぐりの背比べではありますが、一日の長がある韓国がややリードしている……というていどかな。

 リンクしている上の記事ではネチズンが怒りのコメント25000オーバー。
 なかなか見れない数字です。
 まあ、でもしょうがない。キミらの代表は弱いのだから。