<北核実験>金正恩氏の核暴走 トランプ氏を試す(中央日報)
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権が3日、文在寅(ムン・ジェイン)−ドナルド・トランプ体制スタート以降初めての核実験で、通算6回目核実験を敢行した。

9月初めの週末、咸鏡北道吉州郡(ハムギョンブクド・キルジュグン)の豊渓里(プンゲリ)地下核実験場で北朝鮮が押した6回目の核実験ボタンは、韓米に向かって「レッドライン(限界線)」を越えるという通告だった。

北朝鮮核兵器研究所はこの日、豊渓里での核実験から3時間後に発表した声明で「大陸間弾道ロケット(ミサイル、ICBM)装着用水素爆弾の試験を成功裏に断行した」と主張した。事実上、ICBMに装着する核弾頭、それも水素弾の小型化・軽量化に成功したという意味だ。

トランプ大統領はこの日、ツイッターに「北朝鮮は、(北朝鮮を)助けようと努力しているがほとんど成功していない中国にとって重大な脅威で、当惑感を抱かせるようなごろつき国家(Rogue Nation)になった」とし「韓国は北朝鮮への融和的対話が機能しないということに気づきつつある」と書き込んだ。文大統領の対話重視政策に反対する姿勢をにじませる表現だった。「北朝鮮は炎(fire)と怒り(fury)に直面することになる」(先月8日)としながら、軍事オプションの可能性も考慮に入れているトランプ大統領が、北朝鮮との対話無用論を公開的に取り上げながら韓半島(朝鮮半島)情勢が予測できない方向へと向かっている。

核融合連鎖反応を通した水素爆弾はウランやプルトニウムなど核分裂反応を利用した原子爆弾より数百倍以上の威力を持つ。実際、軍当局などは今回の核実験爆発力を50〜160キロトンとみている。これは過去最大の爆発力で、第2次世界大戦当時に長崎に落とされた核爆弾(21キロトン)の少なくとも2.5倍になる。

文在寅大統領は先月17日の就任100日記者会見で、北核のレッドラインに関連して「ICBMを完成させ、それに核弾頭を搭載して武器化することになる」と述べていた。そのような文大統領のレッドラインを金正恩がこの日踏み、遠くない将来に越えると威嚇している状況だ。米国には「どうせ軍事オプションなど使えないに決まっている」と大胆にあざ笑ってみせたも同然だ。
(引用ここまで)

 思っていた以上に展開が速いのは北朝鮮がそれを意図してやっているからでしょう。
 7月頭にICBM発射、8月末にIRBMを太平洋に撃ちこみ、そして9月頭に核実験。
 「(対等な立場での)対話をしないのであれば、我々は前に進んでしまうぞ」というシグナル。

 攻める側は自分のペースでできるから楽という部分があるにしても、一気呵成です。
 そうやって攻める以外に自分の政権の正統性を担保できないという焦りもあるのでしょう。
 キム・ジョンウンは在日朝鮮人を母親としていることから、いわゆる「白頭血統」ではないと見なされています。
 政権基盤は脆弱なことこの上ないのです。
 そのために正統な「白頭血統」である叔父を殺害し、さらには腹違いの兄も殺害している。
 そんな人間が権力を強化する手段として対外的な攻勢に出る以外なかった、それも不倶戴天の敵であるアメリカと対等に外交を繰り広げている。
 まあ、少なくとも一時的には評価されることでしょう。
 以前からちらと書いていた「北朝鮮の内政的な問題」はこのあたりではないかと見ています。
 これらのことから権力基盤を強化するために急ぐとは思っていましたが、あまりにも急。
 なにか他の要因もあるのかなぁ……。

 その一方でトランプ政権はまだ軍事的な行動に出られないと思われます。
 てっきりアメリカはアフガンから撤退するとばかり思っていたので、軍事的な余裕が生まれて北朝鮮に向かうと考えていたのですが。まさか増派するとは……。天然資源狙いともいわれていますが。
 北朝鮮に対してはセカンダリー制裁の強化と原油禁輸ができるかどうか。
 まずはそのあたりですかね。

 巡航ミサイルだけによる限定的な空爆は最初の攻撃でキム・ジョンウンが生存した場合に泥沼になりかねないのでないでしょう。
 B-1B、B-2も用いた全面空爆なら……とは思いますが、アフガンへの増派を決定した現状では難しいかな。二正面作戦をやりたがらない国なのですよ。

 あと核実験について気になることがあるので、もうひとつエントリ書きます。

楽天スーパーセールは7日未明まで〜。