日米首脳会談後の記者会見で抜けた「日米韓の連携」(中央日報)
【コラム】文大統領が安倍首相に先に電話していたなら(中央日報)
「いつもは日本・米国の次に韓国が出てきて日米韓(の連携)と話すが、今回の電話会談では韓国関連の発言がなかったのか」。

4日0時5分ごろから日本首相官邸で行われた日米首脳の電話会談に関する記者会見で、日本メディアの記者がした質問だ。これに先立ち3日夜11時から約10分間、安倍首相はトランプ米大統領と電話会談をした。この日、午前に続いて2回目の電話会談だった。

記者会見を担当した西村康稔官房副長官は「両首脳は『北朝鮮の6回目の核実験は許しがたい暴挙』という認識を共有し…日米は100%共にするという点を改めて確認した」と述べた。続いて「両首脳は中国とロシアの役割が重要だという認識も共有し、国連を含めて日米が緊密に連携していくという立場を再確認した」と発表した。

すると日本の記者が「いつもは日米韓の連携を主張するが、今回はなぜ韓国が抜けたのか」という趣旨の質問を投じた。これに対し西村副長官は「今日は電話会談があまりにも短かったため…」と答えた。西村副長官は「(今回の電話会談では)北朝鮮の暴挙への対応を議論し、日本と米国が100%共にするという点を確認した」とし「今日午前中(の電話会談)もそうで(その間)日米韓(連係)の重要性は何度も確認してきたことであり…今回は日米が100%共にするということを確認し…」という話を繰り返した。

しかし日本の記者が指摘したように、北朝鮮の6回目の核実験の3時間半前だった午前9時から20分間行われた電話会談に関する記者会見では「両首脳は日米韓の緊密な連携を続けていくことに一致した」という表現があった。北朝鮮の核実験をめぐり14時間ぶりに行われた電話会談の記者会見で変わったのは、事実上韓国が抜けたという点だけだった。これに疑問を抱いた記者らが西村官房副長官に関連の質問をしたのだ。

実際、この日午前の電話会談は20分間、2回目の電話会談は10分間行われたため、「(2回目の電話会談の)時間が短くて韓国の話をしなかった」という西村官房副長官の説明は説得力が落ちる。
(引用ここまで)
ドナルド・トランプ大統領と安倍晋三首相の電話会談は北朝鮮のミサイル発射からわずか3時間ほど後の午前9時24分から始まり40分間続いた。だが文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍首相の電話会談はその翌日の30日午前9時30分から行われた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)はこの電話会談は安倍首相の要請で行われたと説明している。私は北朝鮮ミサイルが日本上空を飛んだその日、文大統領が先に安倍首相に電話をかけるべきだったと考える。そして日本国民が感じた恐怖に共感し、北朝鮮が日本を威嚇する行為を糾弾し、断固たる対応策を共に話し合うべきだったと考える。もちろん文大統領は、満一日が過ぎて行った安倍首相との電話会談で「挑発を越えて近隣諸国に対する暴挙」と述べて安倍首相と足並みをそろえた。

だが衝撃を受けた相手に先に電話することと、後で相手の要請を受けて話をするのは次元が同じだと見ることはできない。隣の家が火事に見舞われた時、火を見るや水甕を持って駆けつけるのと、火がある程度沈静化してから訪ねて行くことでは誠意が別物に感じられるのと同じことだ。 (中略)

制裁と圧迫を通じて北朝鮮を交渉テーブルに引き出そうとする文在寅(ムン・ジェイン)政府の意志は強力に見える。そうであるなら、なおさら韓日米共助を守り強化するための努力と誠意が重要だ。
(引用ここまで)

 いや、だって韓国がなにかできるのかという話ですよ。
 すでに光復節演説でムン・ジェインは「朝鮮半島では何人たりとも戦争をさせない」と宣言してしまった。
 それ以前に明白に対北において対話主導で核問題を解決しようとしていた。
 でも、そうしている間に北朝鮮はICBMを発射することはできるようになり、核爆弾もあるていど以上の精度で爆発できるようにはなってしまった。
 その間、なにをしてきたかというとなにもしていない。
 いや、日本もアメリカもなにかしたのかっていったらしていないですけどね。

 でも、韓国の存在はむしろマイナスに働いてきた。
 間違いなく武力行使を抑制する立場でしたし、足枷として作用してきた。
 この件において周辺国ともできるだけ強調したくはない。

 北朝鮮によるIRBMの発射の後を見ても分かりますが。
 米韓首脳の電話会談があったのはIRBMの発射から3日後。
 米韓会談はどちらから働きかけたのかは不明ですが、発射翌日の日韓首脳の電話会談は安倍総理から持ちかけたものであったとのことです。
 「朝鮮半島の事態においては韓国が主導権を握る」だの「我々こそが運転席に座るのだ」と宣言したのだから、周辺国との調整に自ら連絡するくらいのことはできたでしょうに。
 運転席に座っているのに、なぜに事態を傍観しているのだって話です。

 そりゃま、トランプもTwitterで「これで韓国も思い知っただろう」くらいのことを言いますわ。


 なにもしないなら荷台にでも座っておけってことです。