「なに言ってんだ!」……シン・テヨン監督が「かっと」したウズベキスタンの記者の質問(SPOTV NEWS・朝鮮語)
公式記者会見場を訪れたウズベキスタンの取材陣がシン・テヨン監督を挑発しはじめた。

Q.「プレーオフの準備をしていますか?」
A.「全く準備していません。ウズベキスタンで勝ちにきたので、そのような考えは全くありません。」

ウズベキスタン記者は退かなかった。

Q.「韓国は、結果に応じてのワールドカップへの出場条件が大きく変わりませんか?」
シン監督は、呆れたかのように「条件は一切考えていません。有利な立場ですし、条件に関係なく、試合を準備しています。ウズベキスタンに勝つためにきました」と答えた。

しかし、シン監督は、ウズベキスタンの記者の最後の質問で平常心を失って怒った。

Q.「韓国は最終予選のアウェー戦で1勝もしていません。監督就任後も勝利がありません。どうやったら勝つ自信がありますか?」
シン監督は、最終的に爆発した。「何言ってんだ。勝つためにきたんだ!」
(引用ここまで)

 前回のイラン戦から韓国代表の指揮を執っているシン・テヨンは元々、リオオリンピックのU-23代表の監督だったのですよ。
 リオオリンピックのアジア予選決勝でU-23日本代表と戦ったのですが、戦前には「勝利したら韓服で記者会見する」とか言ってた人物です。

 実際の試合は韓国が2点先制したにも関わらず、なぜか一層のこと前掛かりになってくれたおかげでガス欠になって日本が逆転できたという試合でした。シン・テヨン曰く、「3点とられた以外は完璧な試合だった」そうですよ(笑)。
 帰国後の記者会見では3点、4点ととって圧勝するつもりだったとかバカな話をしていたあの監督ですね。そこで「なんかこの人、舌禍とか起こしそうですね」と書いたのですが。
 まあ、その予感は外れてなかったということです。

 一応、monKIことキ・ソヨンが復帰するとのことですが。
 NHK BS1で中継があるらしいですね。

これはだいぶ難しい。
ちょっとしたコツで誰でも「上手な話し方」が身につく―テレビ朝日アナウンサーの企業秘密公開! (実日ビジネス)
佐々木 正洋
実業之日本社
2002/10