北朝鮮危機:日本の週刊誌が発端の「9月9日戦争説」、現実性は(朝鮮日報)
今月3日に北朝鮮が6回目の核実験を実施して以来、インターネットを中心に「9月9日戦争説」が出回っている。「北朝鮮の建国記念日である9月9日に米国が北朝鮮を空爆しようとしている」というのだ。(中略)

 今回の「9月9日戦争説」の出どころは、日本の講談社が発行する週刊誌「週刊現代」だ。同誌は先月7日「安倍首相が7月31日にトランプ米大統領と52分にわたり電話会談を行ったが、このときトランプ大統領が北朝鮮爆撃計画を伝えた」と報じた。同誌は話の出処については明らかにせず、両首脳の「対話録」を公開した。この対話録によると、トランプ大統領は「これ以上あてにならない中国に頼るのはやめ、自分で手を下そうと思う」として「やつら(北朝鮮)の建国記念日は9月9日だろう? 幹部たちが首をそろえて記念式典をやるそうじゃないか。その現場を攻撃するのが最も簡単だ。金正恩(キム・ジョンウン)がそこにいてもいなくても関係ない。やつらに思い知らせてやるのだ」と述べた。 (中略)

 「9月9日戦争説」について、韓国政府の当局者らは「全く動きがない」と話した。まず、米国が短期戦で北朝鮮を焦土化するためには、最低でも二つ以上の空母打撃群が韓半島周辺に展開しているはずだが、そのような動きは全くない。3日前に当たる6日現在、米の原子力空母「ロナルド・レーガン」は母港の横須賀に、「カール・ビンソン」は米国サンディエゴに停泊している。韓国軍の関係者は「戦争するつもりなら大規模な軍需物資が釜山港などから在韓米軍に搬入されるはずだが、その兆候は全く確認されてない」と話した。

 米国が北朝鮮を攻撃する場合、まずは20万人を超える在韓米国人を避難させる必要がある。そのためには事前に通知文を発送するなどの動きがあるはずだ。また、トランプ大統領が本気で北朝鮮空爆計画を安倍首相に伝えたのなら、日本も在韓日本人を帰国させるという手順になっているはずだが、米日ともその動きはない。一部メディアが「最近、米国の中央情報局(CIA)と国土安全保障省(DHS)の要員が大挙して来韓した」と報じたのを「9月9日戦争説」の証拠だと主張する人もいる。しかし韓国政府筋は「情報要員たちは情報を収集・分析するだけ」と説明した。
(引用ここまで)

 まあ、週刊現代が垂れ流しているウワサとやらはともかく。
 前回の「4月の新月に北爆!」もそうでしたが、日本で流れているウワサが韓国国内に取り入れられて大きく育つっていうパターンがけっこう多いですね。
 これもやっぱりデマを信じるウリとナム構造に所以していると思われます。

 9月9日に北爆はないでしょうが、ICBMの発射は充分に考えられるでしょうね。
 これまでも○○節やら○○記念日において、行動することに異様な執念を燃やしてきた彼らですから。
 そして今度はおそらく通常軌道での打ち上げでのテストをしてくることでしょう。ロフテッド軌道での情報収集は前回の打ち上げでできたわけですから。

 全力で打ち上げるのか、それとも推力を減らしてくるのか。
 推進剤を満杯にするのか否か。
 現在伝えられている主エンジンが「ソ連崩壊時のどさくさでウクライナか旧ソ連から流出したRD250の現物輸入品」であるとするなら、それほど数はないでしょうけども……。

 あの頃は本当にいろいろなものが流出したと言われています。
 韓国が原潜原潜と騒ぎ立てているのも、旧ソ連の原潜エンジンを入手したからだという話もあるほどで。
 3000トンクラスにハマるエンジンなのかどうかいろいろと疑問はあります。

 閑話休題。
 北朝鮮が9月9日あたりに「通常軌道でICBMを打ち上げて太平洋上に落とす」としたら着水地がどこになるのか。
 アメリカがそれに対してどのようなリアクションを取るのか。
 おそらく確実にあるだろうそちらを気にしたほうがいいと思うのですけどね。

ファインモールド 1/72 トマホーク 巡航ミサイル プラモデル FP29
ファインモールド
2017/8/11