韓日首脳に共通認識 徴用工問題ことさら取り上げること「望ましくない」(聯合ニュース)
ロシア極東ウラジオストクで7日に行われた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相の首脳会談で、安倍首相が日本の植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された被害者の賠償問題は韓日請求権協定(1965年)で解決済みとの立場を伝えたことについて、韓国青瓦台(大統領府)関係者は8日、記者団に対し、「日本側が(強制徴用被害者の問題は)解決済みと話し、それに対し文大統領は韓国の司法がその部分について裁判を進めており、合理的結論が出ると思うと答えた」と伝えた。

 一方で同関係者は「安倍首相が強く問題を提起したわけではなかった」とし、「(その話をした後に)人的・物的交流を広げ、未来指向の両国関係を作っていこう、シャトル外交をしよう、韓米日首脳会談をするから来てほしい、それより前でも日本を訪問してほしいなどという話が続いた」と説明した。

 また「安倍首相が強制徴用問題は解決済みと話した一部分が日本のメディアに報じられたが、(首脳会談では)韓日関係におけるこの問題の優先順位が上がることについて、望ましくないとの共通認識があった」と伝えた。

 前日、青瓦台が発表した韓日首脳会談の結果では、「両国が歴史問題を安定的に管理しながら、未来志向で実質的な交流と協力を強化していくことにした」とするにとどめ、具体的な会談内容は公開しなかった。
(引用ここまで)
 うーん、どうも会話が噛みあっていないというか。
 お互いに以前からの主張を言い合っているだけ。
 それを「解釈として」大きく言及していないということにしておいて、北朝鮮核問題に対応しようという話ですかね。
 さすがに聯合ニュースの「蜜月」はどうかと思いますが。

 ただ、それでも「歴史問題について棚上げ」しているという印象はやっぱりあるのですよ。
 というのも、慰安婦問題についてムン・ジェインが言及しているというニュースがないのですよね。
 安倍総理が「慰安婦合意の着実な履行こそが重要」としているのは確実なのですが。
 外務省の日韓首脳会談のページでも会談の概要が書かれていますね。

日韓首脳会談 平成29年9月7日(外務省)

 韓国のマスコミ、および政府としては日韓関係が上手くいっている、あるいは上手くいきつつあるという演出をしたいというところなのでしょう。
 日本政府がそれをどのように扱うかが大事だとは思いますけどね。

悪意とこだわりの演出術
藤井健太郎
双葉社
2016/8/19