MLB:低迷韓国人野手に相次ぐ国内復帰説(朝鮮日報)
 夢を抱いて米大リーグに挑戦した韓国人バッターが次々と夢をあきらめようとしている。大リーグ各球団は9月から選手たちの体力配分のためロースター(roster=公式戦出場枠)を25人から40人に増やしているが、黄載鈞(ファン・ジェギュン、30)=サンフランシスコ・ジャイアンツ=と朴炳鎬(パク・ビョンホ、31)=ミネソタ・ツインズ=は枠に入れず、今季をマイナーリーグで終える可能性が高くなった。今年7月末ボルチモア・オリオールズからフィラデルフィア・フィリーズにトレードされた金賢洙(キム・ヒョンス、29)は大リーグ所属だが、チーム内の地位が不確かなのは同じだ。先行きが不透明になればなるほど、彼らの国内復帰説が徐々に強まっている。(中略)

黄載鈞は先日のインタビューで、「今はバッグを1つだけ残し、あとの荷物は全部韓国に送った」と国内復帰を示唆した。

 朴炳鎬は黄載鈞とは違い、契約に縛られて韓国に戻りたくても戻るのが難しい状況だ。1シーズンという契約を結んで渡米した黄載鈞とは異なり、朴炳鎬はツインズと4年契約している。朴炳鎬が今季終了後に以前の所属チームである韓国のネクセン・ヒーローズに戻るには、巨額の残りの年俸と移籍金支払い問題をまず解決しなければならないが、両球団間の交渉は容易でないという見方が支配的だ。

 フィリーズの若く実力のある外野手たちに押し出された形の金賢洙は、今季を最後に2年契約が終わる。朴炳鎬と金賢洙の関係者は「2人ともまだ国内復帰に関して何も表明していない。進退問題は今季が終わってから話し合っても遅くない」と話す。
(引用ここまで)

 キム・ヒョンスはマイナー降格拒否のオプションを契約に組み込んであるので、本人が拒否するかぎりはマイナーに落とされません。トレードされましたが、それまでの契約は原則引き継がれるので。
 韓国野球では首位打者だったんですけどね……。

 パク・ビョンホは韓国で4年連続の本塁打・打点の二冠王。最後の2年は連続して50本塁打を記録した選手で「彼がダメだったら韓国のスラッガーは一切通用しない」とまで言われてメジャーに進出してきた打者でした。
 初シーズンの最初の1ヶ月はかなり打ったのですが、尻つぼみでシーズン途中にマイナー降格シーズン終了後に戦力外通告でメジャー契約剥奪。
 3Aでも目立った活躍はできず、今年は1回もメジャーに上がることなく終了でした。そもそも40人ロースターに入ってないのですから当然ですが。契約は2019年まで。「4年連続二冠王のスラッガー」にとっては針のむしろでしょうね。

 ファン・ジェギュンという選手も一度はメジャーに昇格できたのですね。まあ、いい思い出になったことでしょう。

 この3人に加え、カン・ジョンホまでいたのですが既報のように飲酒運転の有罪判決で就労ビザを取得できずにシーズン終了。カンの契約は来年まで。ちなみに就労ビザが取得できない場合は年俸支払い義務はなし。
 去年はかなりの活躍を見せたオ・スンファンも今年はクローザーは完全失格で、実に微妙な成績。対左に弱すぎます。契約は今年までなので韓国に復帰かな。
 チュ・シンスは野手で1位という高年俸、下から数えたほうが早いという低成績でテキサスの重荷と化しています。
 チュの契約はなんと2020年まで。レンジャーズファンはご愁傷様です。

 まあ、それでもここに書いた全員がなんだかんだでメジャーでプレイするという夢を叶えたので大したものではありますね。

1935年のサムライ野球団 「裏ワールド・シリーズ」に挑んだニッポニーズ・オールスターズの謎 (角川書店単行本)
佐山 和夫
KADOKAWA / 角川書店
2015/10/15