「K2黒豹」戦力化の遅れ... S&T重工業、パワーパック不良責任論「ふらふら」と(スペシャル経済・朝鮮語)
K2戦車の全組立を担当している現代ロテムはパワーパックを除いた残りの部分の組み立てをすべて終えたが約束のないパワーパックにより、天文学的な遅滞賠償金まで支払わなければならない立場に追い込まれた。

防衛産業界によると、K2戦車のパワーパックの開発・生産を担当したのは「S&T重工業」である。軍は2012年戦車量産を開始しようとしましたが、国産パワーパックの欠陥が原因でドイツMTUパワーパックに置き換えた。これにより、2014年戦力化された1次K2戦車100台にはドイツ製のパワーパックが配信された。 (中略)

K2戦車2次生産分に適用する予定だった国産変速機は、2016年1月耐久試験に着手して以来、2017年2月までの1年1カ月間の合計6回も欠陥を露呈し、国防技術品質院の最初の製品検査で不合格だった。計画通りなら、昨年末から陸軍に納品を介して実戦配備されるはずが変速機の欠陥により生産計画さえ雑誌ないのが実情である。

S&T重工業の耐久度評価結果を見てみると、1次試験で「メインポンプ軸受の破損」、2次「メインハウジングに亀裂や漏れ」、3次「変速装置の破損」、第4回「メインハウジングに亀裂」、5次では「変速機の破損」が発生。6次では「ドイツZF社が納品したボルトの亀裂によって変速クラッチ圧力低下現象が発生し、変速機の核心部品である変速機が故障」してまたもや不合格判定を受けた。

防衛事業庁は第7回の評価実施を指示したが、S&T重工業側はこれを拒否した。国産パワーパックを装着するという計画を持って推進した事業は、国産変速機の耐久度テストで暫定的に中断された状態で量産課程は止まったままだ。

K2黒豹変速機の開発を担当するS&T重工業は、最初製品耐久試験が相次いで失敗すると試験国防規格基準である320時間(9600卅蠹)の耐久度テストが不当であると主張して、別の波紋を生んでいる。 (中略)

S&T重工業は今年5月、ソウル中央地方裁判所に防衛事業庁がK2戦車国産変速機の耐久度再試験の要求を中断してほしいという趣旨の仮処分訴訟を提起した。 (中略)

防衛産業界の関係者は本紙との通話で「S&T重工業が昨年5月に耐久度試験条件が厳しくと試験を中断してもらう防衛事業庁を相手に異議を提起した」とし「自分たちが作った基準の問題を持って信頼性の要件がない合格しなかったかのように主張している」と述べた。

この関係者は「しかし、7月にS&T重工業が突然仮処分申請を取り下げた」と付け加えた。 (中略)

K2戦車システム総合メーカーである現代ロテムとパートナーの在庫量が1000億ウォンに達していることが分かった。現在、慶南昌原現代ロテム工場には変速機が付いていないK2電車ボディのみ50台が放置されており、現代ロテムの疲労は蓄積されている。

遅延賠償金も天文学的金額に高まった。業界では現代ロテムの遅延賠償金規模も1000億ウォンを超えると見込んでいる。

防衛事業庁は、直接契約した現代ロテムが1次的には、遅滞償還金を全額負担し、その後S&T重工業にこれを請求しなければならないという立場を見せている。

しかし、現代ロテムは悔しいという立場だ。遅滞の原因がS&T重工業にあるためだ。現代ロテムと防衛産業界によると、現代ロテムが負担すべき遅滞賞金は先月まで約860億ウォンであることが知られている。一日平均約4億5000万ウォンの遅滞償還金が追加されているのが現状である。ここで終わりが見えないということは、被害が雪だるま式に増えるということだ。

また、遅延賠償金は上限がなく、納品が遅れれば遅れるほど天文学金額まで増える。一方、S&T重工業は全体の受注額(9000億ウォン)を基準にした計算ではなく納品した変速機金額(692億ウォン)の中で遅滞賞金を計算負担するという主張を広げている。S&T重工業の計算通りなら全遅滞償還金の7.5%だけ払えばいいということになる。

防衛産業界のある関係者は「S&Tの主張は情けない」とし「それでは現代ロテムはパワーパックのない戦車を防衛事業庁に納品すれば遅滞償還金を払わなくてもいいのか」と反問した。

業界では国産変速機の問題が長期化し、軍戦力の空白を最小限に抑え、K2量産関連企業の被害をこれ以上増やさないためには、国産エンジンと外国製変速機の組み合わせのパワーパックを適用する案を考慮に入れるべき時だと口を揃えている。
(引用ここまで)

 だいぶ削ったけどまだ長い韓国の「国産名品戦車」ことK2黒豹の変速機に関する話題。

 これまでの経緯をざっくりと書くと……

 陸軍「K2戦車は純国産の名品戦車、600輛製造! 輸出もばんばんしていくぞ!」
   ↓
 パワーパックの製造に苦労。初期生産の半数はドイツ製に?
   ↓
 量産予定を600輛→200輛に減数。第1期生産分100輛はすべてドイツ製パワーパックを採用
   ↓
 追加生産分100輛については国産パワーパック採用が決定
   ↓
 ついで3次生産分100輛の追加生産が決定。全生産数は300輛(予定)に。
   ↓
 ただし開発チームはすでに解散
   ↓
 S&T重工業の生産する変速機が9600km走破の耐久テストに合格できない
   ↓
 第6回のテストを行ってもどうしても合格できない
   ↓
 業を煮やして封印してドイツに送り原因究明するべき部品の封印を勝手に破ってしまう
   ↓
 S&T重工業「耐久テストのハードルが高すぎる。訴えてやる!」と韓国政府を提訴
   ↓
 S&T重工業、軍から第7回耐久テストを依頼されても変速機を提出するつもりなし
   ↓
 ヒュンダイロテム、天文学的遅延賠償金支払いへ←イマココ

 最初の100輛はドイツ製のパワーパックを使って戦力化したのですから、2次生産分・3次生産分もドイツ製パワーパックでいいと思うのですけどね。
 ただ、すでに斗山インフラコア製のエンジンについては、製造ができてしまっているということなのですけども。
 ないのはS&T重工業が製造担当となっている変速機だけで。

 最後にあるように韓国では「国産エンジンと外国製変速機を組み合わせればいい」って話が出ているようですが、果たしてドイツからそんな売り方をしてもらえるのかどうか。
 軍と「純国産でなければダメ」という契約を結んでいないことは、変速機の中にドイツのZF社のボルトを採用していることからも間違いないでしょう。
 究極的には「ちゃんと動けばいいという」のが軍の要望でしょうから。

 そうすると「国産名品戦車」という肩書きは失われますし、輸出においてもいろいろと注文をつけられるという問題が生じるのでしょうね。
 「名品戦車」なんてのはここまでこじれにこじれている時点で誰も信じていないでしょうが。
 トルコは次期主力戦車としてK2のガワを輸入して、パワーパックは最終的にはユーロパワーパックを輸入。将来的には国産パワーパックを開発、採用するとのことになったそうです。
 最初から韓国産のパワーパックには期待していなかった模様。
 一時期は日本に依頼云々という話もあったのですけども。

 技術の積み重ねがないとこうなってしまうのだ、ということですかね。

ただいまセール中
完全版 最強 世界の戦闘車両図鑑
坂本 明
学研プラス
2017/3/14