不可能とされた「マツタケ人工栽培」、韓国が世界で初めて成功(中央日報)
これまで不可能とされていたマツタケの人工栽培に韓国が世界で初めて成功し、マツタケ商業栽培の可能性を開いた。

山林庁国立山林科学院は16日、マツタケ人工栽培技術開発のために2001〜2004年に植えたマツタケ菌を感染させた松の苗木から3本のマツタケが生えたのを確認したと明らかにした。

人工マツタケは2010年10月に同じ試験地で1本生えたことがあり、今回はそれに続く2度目の成功だ。不可能だとされてきたマツタケの人工栽培が可能であることを世界で初めて立証した結果と評価される。

韓国山林庁が使った技術はマツタケが生えた所に松の苗木を植えてマツタケの菌糸を感染させた後に広げる技術だ。こうして菌糸に感染した松の苗木をマツタケが生えない大きな松がある山に再び移植する。

世界のさまざまな国でマツタケの人工栽培研究をしているがまだ成功した事例はない。これまでマツタケ人工栽培成功に最も近づいたのは日本で、1983年に広島林業試験場でマツタケ感染苗を利用し、1本のマツタケが生えたのがすべてだ。その後日本では同じ方法で1万本ほど感染苗を作ったが成功できなかった。

国立山林科学院は2000年からマツタケ感染苗の研究を新たに推進した。過去の研究の問題点を把握し改善された方法を探すのに注力した。2001〜2004年に試験地に150本のマツタケ感染苗を移植し、2006年調査当時に31本で菌糸が生存していたことが確認された。マツタケが発生した試験地は洪川(ホンチョン)国有林管理所館内で42年前にカラマツの造林を始めたところだったが、土地がやせており松の天然林が形成されたところだ。

国立山林科学院化学微生物課のカ・ガンヒョン博士は「感染苗を利用した人工栽培技術は簡単な方法で、一度菌糸が定着してキノコが発生すれば30年以上マツタケの採取を期待できる。今後商業的栽培が可能な水準にマツタケの発生率を高める栽培技術を開発するのに最善を尽くしたい」と話した。

マツタケは世界的に年間4000億〜8000億ウォンの市場規模を持っている。東洋圏では最高の味と香りを持つキノコとして人気を呼んでいるが生産量は減少傾向だ。
(引用ここまで)

 はいはい、「日本もできなかった○○に韓国がはじめて成功!」ですね。
 この記事にある2010年の成功例も中央日報で報じられていまして、それを楽韓Webで扱っています。

 日本が成功できなかったマツタケの人工栽培に韓国が成功!?

 この時も「広島でやったのは人工培地にマツタケの菌糸を培養して子実体を取らせたもの」って書いています。
 椎茸やエノキ、マイタケのように培地からにょきにょき生やして、工場での生産を念頭に研究しているものです。
 というか、いまでも研究しているかどうかは分かりませんが。なにしろ1983年と34年前の奇跡のような話ですからね。

 韓国でやっているのはマツタケが生えやすい「シロ」を他の松に移植したもので、こちらも人工栽培といわれていますが、大きく実態は異なります。林地栽培とも呼ばれているようです。
 日本でも成功例はいくらでもあるのですが、継続的な栽培はなかなか難しいとされています。シロの移植自体が成功したとしても、松茸が生えてくるかどうかは天候等の自然環境に大きく左右されるのは自然でのそれと変わらないとのことなので。

 実際、韓国でも2010年に1本生えたあとは音沙汰なし。
 今年になって3本が生えたというだけ。
 韓国でははじめてできたことなので興奮しているのでしょうが……まあ、よくがんばったとは思いますよ。

 そもそも韓国ではマツタケなんて食べませんしね。「マツダケは松の香りがする」なんて新聞記事があったほどですので。

広島での研究はマツタケ版のこれを目指していたということ
シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園】
森産業株式会社
2009/12/24