【社説】日本領事館前の「徴用労働者像」設置は自制すべき(中央日報)
【社説】ウィーン条約違反行為、韓国にとって何の得になるのか(朝鮮日報)
日本強占期時代の強制徴用は当時の日本政府の人権じゅうりん行為として謝罪と賠償が行われるべき事案だという点は確かだ。被害者賠償訴訟も2000年代初期から続き、2012年に最高裁判所は下級審が敗訴判決をした関連損害賠償訴訟で原審を破棄し、企業の賠償責任を認める趣旨で差し戻した。翌年、差し戻し審で勝訴判決をして以来、現在まで下級審で日本企業の賠償責任を認める趣旨の判決が相次いでいる。しかしまだ最高裁は再上告審の結論を出さず、依然として留保した状態だという点で、締めくくりが必要な事案でもある。最近の映画『軍艦島』で徴用問題に対する国民の関心が高まったのも事実だ。

しかしこうした歴史的な問題をめぐり物理的・感情的な衝突に向かうのは望ましくない。日本領事館前の少女像問題で韓日間の外交的葛藤と混乱が続く状況で、さらなる葛藤要因を作るのは賢明でない。特に現在、韓国は北朝鮮の核実験とミサイル発射で国際社会が韓国の安保状況に注目するほど危険で敏感な状況を迎えている。日本は緊密な安保的協力関係を強めるべき地理的に最も近い隣国だ。こうした状況で労働団体の民主労総が率先して外交公館前の銅像設置を強行し、感情的に葛藤を深めることは自制しなければいけない。この問題こそ両国間で長い対話と共感で解決していく必要がある。
(引用ここまで)
 全国民主労働組合総連盟(以下、民労総)が「釜山の日本領事館前に強制徴用労働者像を建てる」として、100日間のデモを開始した。昨年末、同所に建てられた慰安婦を象徴する少女像のすぐ隣だ。民労総は「親日・親米の冷戦積弊(長年の弊害)のせいで、強制徴用労働者問題は70年以上にわたり知られていない」という理由を挙げた。 (中略)

 現在、韓国国内ではソウル・竜山駅と仁川市富平区に強制徴用労働者像が既に建てられている。日本による植民地支配時代の徴用被害者が「日本政府や企業から十分な補償を受け取っていない」として問題提起することはあり得ることだろう。しかし、外国公館の前にこのような像を建てるのは別の問題だ。韓国も加入している「外交関係に関するウィーン条約」ではこうした行為を禁止している。韓国ではデモ隊が法を無視することがあるかもしれないが、国際社会ではそうは行かない。「韓国は外国公館の安寧と品位を守ってくれない国」という世界の見方が、韓国にとって何の得になるのか疑問だ。安倍首相は昨年、釜山の日本領事館前に少女像が建てられた時、大使と釜山総領事を呼び戻して国内政治に利用した。この時、普通の日本人たちまでが韓国に対して嫌悪感を抱き、その余波は今もまったく鎮まっていない。

 そうして今、極端な考え方を持つ労働組合までこの問題を利用しようと乗り出してくれば、状況はさらに悪化する可能性がある。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は大統領就任前の昨年12月、日本領事館前の少女像を撤去した釜山区庁に対して「親日行為だ」と非難した。大統領になった後もその認識を変えていないなら、民労総は徴用労働者像を建てることに成功してしまうだろう。
(引用ここまで)

 このふたつ以外にもいくつか同様の社説が出ています。基本的に同じ論調ですね。
 ただ、もう遅いのですよ。
 そもそも2011年に日本大使館前に慰安婦像を建てて、それを特別扱いにした時点で終わっているのです。
 あの時点で韓国の法治は死んだ……というか、最初から心肺停止状態で息はしていませんでしたが、医師が死亡を確認したのです。

 民主労総が強硬策に出て、この強制徴用者を建てられたらもう撤去はできない。
 「あれが特別であるというのなら、なんでこっちは特別じゃないといえるのだ」と嵩にかかってこられて終了です。
 「強制徴用者像は違法である」として撤去するのであれば、慰安婦像も同様に扱わなければならない。そんなことはできないことを充分に承知の上で、民主労総も「釜山の日本総領事館横に建てる」と宣言しているのでしょう。

 中央日報も朝鮮日報も「いまやることじゃない」だの「ウィーン条約違反だ」だの言ってますが、だったら最初の慰安婦像が建てられたときに反対すべきだったし、ウィーン条約云々をはじめから言うべきだったのですよ。
 そもそもが親北団体であり、北主導の統一を目論んでいる民主労総にとっては日韓関係を破壊することが目的なのですから、むしろやる気満々ってもんですわ。
 やらない理由がありません。
 法治はすべてに等しく行うからこそ法治で、特別扱いすべきではないということがよく分かる事例ですよね。教科書に載せてもいいくらい。