日米首脳“人道支援”で文大統領に強い難色(NNN)
アメリカ・ニューヨークを訪れている安倍首相は、トランプ大統領、韓国の文在寅大統領と3人で会談した。日米両首脳は文大統領に対して、北朝鮮への人道支援に強い難色を示した。

 会談で日米韓3か国首脳は、北朝鮮への対応をめぐって結束を強調したが、韓国政府が決めた人道支援については「今がその時なのか」と文大統領に詰め寄る場面もあったという。 (中略)

 一方、会談の中でトランプ大統領と安倍首相は、韓国政府が21日に決めた9億円規模の人道支援について、文大統領に、北朝鮮への圧力を損ないかねない行動は避ける必要があるとして、そろって慎重な対応を求めたという。

 首相同行筋は「トランプ大統領は相当、怒っていた」「これで人道支援は当面、実施されないのではないか」と語っている。蜜月関係の日米首脳と文大統領との距離感が露呈した形。
(引用ここまで)

 先日、韓国政府が支援を検討としていた800万ドル規模の「人道支援」が本決まりになりまして。
 ちょうどそのタイミングで日米韓の三者首脳会談が開催されたのですね。
 そりゃまあ、袋叩きにも遭うってもんでしょう。
 世界全体が制裁で歩調をあわせてきた。
 国交があった国でも北朝鮮大使を追放するなんて動きも出るようになってきた。
 これまで東アジアの端っこでゴチャゴチャやっていたというていどの認識だったものが、ようやく危険な国家であるという認識が生まれつつあったところです。

 それなのに一方の当事者であるはずの韓国が、よりによってこのタイミングで人道支援を言い出した。
 そりゃあトランプ大統領からもある安倍総理からもボコられますわ。

 ただまあ、ムン・ジェインにとっては、こここそが乾坤一擲のタイミングだったのでしょう。
 朝鮮半島事態において、「運転席に座るのは韓国だ」と宣言してきた人物です。
 制裁の効果が弱くなる最悪の(最高の)タイミングを見計らったのではないかと思われるのですね。
 くどいようですが、ムン・ジェインはあくまでも任期中に統一を狙っていても不思議のない人物です。
 表面的には制裁に賛同していても、北朝鮮に可能なかぎりの利益供与を行おうとするでしょう。
 これからも同様に可能な範囲でできるかぎりの北朝鮮支援をしていくでしょうね。

Natural Beauty(初回限定盤)(DVD付)
ビビアン・スー
ファー・イースタン・トライブ・レコーズ
2011/3/16