【コラム】残念な韓国の歴史場面…空母「ミンスク」を蹴った(中央日報)
韓半島(朝鮮半島)は緊迫する。恐怖の絶対核兵器、先端戦略爆撃機が舞台を埋める。韓国の武装力は助演だ。その厳しい状況は過去のエピソードを思い出させる。22年前、韓国は空母の臨時保有国だった。ロシア製「スクラップ空母」2隻を保有した。

空母「ミンスク」。スクラップの用途で韓国に売却された。ひどく錆つき、武装機能は破壊されていた。しかし外観と骨組みの損傷は大きくなかった。生まれ変わる潜在力は少なくなかった。その時期、中国はウクライナから空母(「ワリャーグ」)を買い取った。その船を10余年後に再誕生させた。中国初の空母「遼寧」だ。「ミンスク」は「遼寧」と比較される。両空母の原籍はソ連。「ミンスク」のエピソードはこうだ。

91年12月、ソ連が崩壊した。国が混乱すれば軍事力の維持は難しい。94年のロシアの決定は空母の放棄と退役。海外入札にかけた。売りに出された太平洋艦隊の空母は「ミンスク」と「ノヴォロシースク」だ。両空母は威力的な戦略資産だった。世界33社が入札した。韓国の中堅貿易会社(英流通)が落札した。チョ・ドクヨン英流通会長は産業化時代の挑戦と闘志を持っていた。

「ミンスク」の価格は460万ドル(当時の為替レートで37億ウォン)だった。「ノヴォロシースク」は430万ドル(34億ウォン)。驚くほど安い。黒豹タンク(K2)1台分にもならなかった。最近話題になっている原子力潜水艦の建造費用(推定)は2兆5000億ウォン(約2460億円)。両空母は短い期間で退場した。活躍年数は15年(「ミンスク」)、11年だった。米空母「エンタープライズ」の運用期間は50年だった。「ミンスク」は「キエフ」(航空巡洋艦)級空母だ。巨大で魅力的だ。排水量3万8000トン(満載4万5500トン)、全長273メートル。飛行甲板195メートル。大きさは米空母より小さい。しかし巡洋艦の強みを持つ。攻撃の筋肉質では上回った。両艦艇はソ連時代に米海軍第7艦隊と対抗した。

その空母がその価格で処分された。スクラップの塊りの重さで契約された。当時、日本の放送NHKが韓国を牽制した。「主要装備がそのまま装着されている。軍事用に転用が可能」。その報道は刺激的だ。ロシア海軍は指揮・防空・標的探知の主要装備を壊した。そのような状態で95年10月、両空母は太平洋艦隊の港(ソベツカヤガバン)を離れた。曳き船に引かれて5日後、浦項(ポハン)沖に来た。予想しなかった試練が待っていた。

空母入港反対の激しいデモがあった。環境団体が先頭に立った。空母解体時の油流出、放射能汚染問題を提起した。両空母は原子力空母ではない。ディーゼル推進だ。しかし怪談が広まった。「ノヴォロシースク」はポスコで解体された。その過程でスクラップの中に隠れていた宝物が飛び出してきた。滑走路用の特殊鋼が発見された。逆設計ができた。それは当時の権寧海(クォン・ヨンヘ)安全企画部長の主導的作品だ。学習の結果は「独島(ドクト)」建造過程に投入された。

「ミンスク」はそのような運命も拒否された。どの港も受け入れなかった。鎮海(チンヘ)の海軍埠頭に入った。当時の海軍のスケールは沿岸作戦にとどまっていた。空母は大洋海軍の象徴だ。海軍は「ミンスク」を厄介者扱いにした。しかし危機は機会だった。「空母解体が不可能、それなら再構成・改造に方向転換をするべきでは」。空母復活条件が逆説的に形成されたのだ。磨きあげれば可能だった。韓国の造船とIT技術は世界最高だ。そのような力が「ミンスク」に適用されなかった。それは国家意志の不足のためだ。国防の想像力は貧弱だった。安保の主人意識欠乏は長く続いている。環境団体との対立は避けられない。それを突破するのがリーダーシップの決断だ。

その頃の国際情勢は今とは違った。中国がライオンの爪を見せる前だ。北朝鮮は苦難の行軍の時期だ。米国の協力を得ることができた。しかし宝物の真価は伏せられてしまった。それを足で蹴ったのだ。元ロシア駐在武官のユン・ジョング提督(予備役)は胸が痛むという。彼は「我々の国防の歴史で最も残念な場面」と語った。

中国の購入空母は未完成状態だった。工程率70%。購買(2000万ドル)条件の用途は海上カジノ。しかし条件は意味がない。国家指導部の決心が重要だ。「遼寧」は中国海軍力の威容だ。貿易人チョ・ドクヨン会長の快挙は悲劇に終わった。98年の通貨危機の頃、「ミンスク」は中国に売却された。「ミンスク」は「明思克(ミンスク)航母世界」(ミンスク・ワールド)の看板を掲げた。広東省深センの海上テーマパークでだ。昨年「ミンスク」は江蘇省南通海上公園に移された。

宋永武(ソン・ヨンム)国防長官の野望は原子力潜水艦だ。彼は佐官時代、「清州(チョンジュ)」の艦長だった。彼の記憶の中で「ミンスク」はどんな存在だろうか。「ミンスク」の悲運は韓国の力不足を表す。それは生きている教訓だ。
(引用ここまで)
 ミンスクに関しては韓国を経由していることはなんとはなしに知っていたのですが、ノヴォロシースクについては恥ずかしながらまったく知りませんでしたわ。
 こんなことがあったのですねぇ……。
 ソ連崩壊直後はこういった感じで、なんでも売りに出ていたのです。

 韓国が原潜用原子炉の技術を所有している、あまつさえ原子炉の現物を持っているらしいという話もあるのですが、これもソ連崩壊時に流出したものではないかと言われています。
 もう、当時はなんでもかんでも売りに出ていたようですね。
 手で持っていけるものであれば社員(共産主義なので社員ではないですが)がなにもかも持ち出して、西側に売っていたなんて話もあります。
 テトリスの生みの親であるアレクセイ・パジトノフがあまりにも「あれをくれ、これをくれ」と言うので某所で「アレくれい・パジトノフ」と呼ばれていたのもやむなしといったところ。

 さて、この記事は韓国人記者の「うまくすれば空母所有国となっていたのに!」という視点で書かれていますが。
 空母だけあってどうすんのって話ですわ。
 艦載機もなけりゃ、艦載ヘリもない。エンジンもオミットされていてどんがらだけ。自力航行もできないスクラップ。
 記事中では「韓国は造船大国であり、IT大国であるから云々」と書かれていますが、そんな風に変な自信を持って「利益率が高い!」って飛びついて、大赤字を出したのが海洋プラントでしたっけ。

 韓国人的には「スペインもイタリアもタイですら空母を持っているのに!」という感覚なのでしょうが、キエフ級にはカタパルトもジャンプ台もなし。ハリアーしか艦載用の機種が存在しない。
 それなのに4万トン級の経費だけはかかる。
 むしろ、スクラップとして活用したことで助かってますわ。
 逆に空母保有国となっていた韓国を見たかった気はしますけどね。お笑い韓国軍的な意味で。

ただいま半額セール中。
知られざる空母の秘密 海と空に展開する海上基地の舞台裏に迫る (サイエンス・アイ新書)
柿谷 哲也
SBクリエイティブ
2010/9/15