韓中通貨スワップ、結局‘終わり’なのか(ヘラルド経済・朝鮮語)
来月10日に満期を控えた韓中通貨スワップ延長するかどうかがまだ不透明だ。秋夕連休のため、満期までの営業日数がない韓国としては9月末、中国から確答を受けなければならが、中国側から無返答であることが分かった。

29日の外国為替当局などによると、韓国銀行を主軸に来月10日に満期である韓中通貨スワップ協定を延長するかどうかを議論している。しかし、まだ実務線協議も行われておらず満期まで延長するかどうかを確信しているしにくい状況にある。中国側からTHAADの配置をめぐり韓中の政治的葛藤が大きく通貨スワップ問題について積極的な交渉に出ていないのだ。韓国銀行関係者は、「中国と実務者級協議を継続中」とし「相手がいる業務と進捗状況を言うのは難しい」と述べた。韓国銀行によると現在の韓・中通貨スワップは3600億元(約560億ドル)に達する。これは韓国が結んでいる通貨スワップ協定全体の45.8%、自国通貨(LC)スワップの67%にあたり最も多い。したがって、韓中通貨スワップ満期延長が霧散すると、通貨危機時に活用できる外貨資金が半分ほどになるというわけである。

もちろん、韓国の外貨準備高は、8月末現在3848億ドルで毎月史上最高値を更新している。外国為替当局が韓中通貨スワップが失敗に終わっなったとしても、韓国の外国為替支払いには問題がないと説明する。しかし、専門家は北朝鮮の核の脅威など地政学的リスクが浮き彫りにされ、危機的状況が高まる状況では金融危機が再びやってきた場合に現在の保有の資金では、危機を克服するのは難しいと診断した。
(引用ここまで)

 来月10日に満期を迎える中韓通貨スワップ協定関連の続報。
 韓国が結んでいる通貨スワップ協定の中でも最大のもので6兆2000億円規模。ただ、ウォンと人民元なので通貨危機があったときにどこまで盾としての役割をしてくれるかは不明。
 これで得られた韓国企業に供給することで対中貿易の人民元払いには使えるので、ドルを節約できる可能性はありますが。

 以前から中韓通貨スワップ協定について「実務者での協議は続けてる」との話はありました。
 実際には実務協議すらやっていなかったというオチ。
 韓国側からは何度も呼びかけているにも関わらず、中国側からはまったくの無回答。
 まるで中韓で結ばれたホットラインのようですね。

 中国らしいなぁ……。
 これでじらしにじらして、最後の最後に延長を認めるとかいう可能性もなきにしもあらずではないかと。
 以前も書いたように、「中国の施し」を見せるために継続するのではないかと思っているのですが。
 協定を結ぶだけ結んでおいて、実際に必要になったら無視するなんてこともできるわけですし。
 これで延長がないと日米側に本格的に戻ってくる可能性もありますしね……。
 できることなら延長してもらいたいものです。
 経済における命運を中国に完全に握られる国になるのがよいと思うのですよ。
 日韓関係のフラット化にも役立ってくれるはずなので。


中韓通貨スワップ協定満期まであと12日


中国4.0もよいけどもこちらも。
権力闘争がわかれば中国がわかる
福島香織
さくら舎
2015/11/5