高齢化進む強制徴用被害者 賠償まで道のり遠く=韓国(聯合ニュース)
日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者の高齢化が進み、賠償を受けられないまま亡くなる被害者が増えている。

 韓国行政安全部の過去史関連業務支援団によると、政府から医療支援金の支給を受けている徴用被害者は現在6570人で、4年前(1万3854人)の半分以下に減少した。

 これについて、韓国の市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」は、医療支援金受給者は生存中の徴用被害者の一部に過ぎないが、80〜90代の被害者が次々と亡くなっていることを証明していると指摘した。

 同団体の李国彦(イ・グクオン)代表は、高齢の被害者たちが日本の戦犯企業に法的責任を問う訴訟への参加について「いつ結論がでるか分からない」と落胆するケースが多いとした上で、「これまで訴訟に乗り出した人は遺族を含めても1000人余りに過ぎない」と説明した。

 また、「裁判の速度が遅ければ戦犯企業だけが有利になる。大法院(最高裁)が迅速な判断を下すべきだ」と指摘した。

 同団体によると、徴用被害者5人が2000年に三菱重工業に損害賠償を求めた訴訟は17年間も続き、原告は全員他界した。

 被害者4人が05年に新日本製鉄(現新日本住金)を相手取り起こした訴訟は、13年7月にソウル高裁で勝訴したが被告側が上告。原告のうち2人は大法院の判決が出る前に亡くなった。

 韓国で進められている強制徴用関連の訴訟は15件で、このうち3件は大法院の判決を待っている。今まで大法院の判決が下された強制徴用関連の訴訟はない。
(引用ここまで)

 ひとりのいきり裁判官が勝手に出した差戻判決で日韓関係がすべて破綻するかどうかの瀬戸際にあるわけですが。
 司法の独立性というものを慮るになかなか面白い事例ではありますね。

 さらなる問題はムン・ジェインがその判決を支持しており、「個人の請求権は消滅していない」とかつての政府見解を翻したことなのです。
 ノ・ムヒョンですら、徴用工については日韓基本条約ですべて解決済みという立場だったのですけどね。

 これまで韓国の最高裁にあたる大法院は空気を読んで、判決言い渡しを延々と避けてきたのです。
 おそらく原告の全員死亡は狙ってきた ラインだと思われるのです。
 遺族に関しては原告資格なしということで批判を受けつつも穏当な終わりかたを目指してきたのかなと。

 ハンギョレなんかはいつまで経っても判決を出そうとしない大法院に対していらつきを隠さない記事を書いていましたっけね。

 ですが、「ろうそく革命」とムン・ジェインの当選が状況を変化させてしまいました。
 民主労総は徴用工の像を建てはじめ、慰安婦と同等の扱いを求めるようになっています。
 すでにソウルの日本大使館前には場所をリザーブし(そして挺対協に反発され)、釜山の日本総領事館横にも同様に建てようとしています。
 「ろうそく革命」の精神に則った行動として。

 ろうそく云々を持ち出されたら現在の韓国において反対できる人間はどこにもいないのですね。
 ムン・ジェインが前述の発言をした以上、大法院も近日中に判決を出さなければならないでしょう。それも三菱重工や新日鐵住金敗訴の判決を。
 かくして時限爆弾は破裂し、日韓関係はついに完璧な破綻を迎えるわけですが……。