韓国、人的資本は最高だが労働参加率は最低=WEF(朝鮮日報)
 世界経済フォーラム(WEF)が7日、世界130カ国・地域の人的資本の活用能力を評価した「2017年グローバル人的資本報告書」によると、韓国の15−24歳の識字能力(文章を読み書きする能力)と算術能力は満点の100点で、世界1位だった。しかし、同じ年齢帯の労働参加率は28.1点で最下位の120位となった。25−54歳の労働参加率も世界101位だった。これは、優れた若い人的資源を持っているのにもかかわらず、人的資源を効率的に配置・活用するにはぜいじゃくだということだ。 (中略)

 実際、韓国の青年失業率はこのところ最悪の状況に陥っている。統計庁によると、8月の青年失業率は9.4%を記録、8月現在で通貨危機の影響があった1999年以降で最も高かった。また、就職の経験がない「就業無経験失業者」も増加傾向にある。同じく統計庁の資料によると、8月現在の20代の失業者39万人のうち、就職を一度もしたことのない失業者は7万2000人だった。 20代の失業者のうち18.5%が就職そのものをしたことがない、純粋な失業者ということだ。この割合は、8月現在の数字で、1999年に関連統計を開始して以来、最も高い水準だ。

 一方、WEFはこの報告書で、韓国の全体的な人的資本の活用能力を示す人的資本指数を69.88点と発表した。人的資本指数はノルウェーが77.12点で世界1位、以下フィンランド(77.07点)、スイス(76.48点)、米国(74.84点)、デンマーク(74.40点)などの順だった。韓国は27位だった。
(引用ここまで)

 WEFのレポートこちら。

 この記事だと15-24歳の労働参加率が低いからよくないってありますが、そのランキングで1位はエチオピア、2位はマダガスカル、3位はウガンダ、4位はネパール。
 ……この年だと若年層というよりは「子供」の労働力化という部分があるから、高すぎてもよくない感じがしますけどね?

 韓国の個別データはこちら
 ニート率は公表してないのか。

 労働参加率はLabour force participation rateってところですね。
 15-24歳は120位。25-54歳は101位。55-64歳は56位。65歳以上になると42位にジャンプアップ。
 問題は一般的な就労年代である25-54歳のところが101位ってところですね。
 そして、65歳以上は就労率が31.4%で42位。これよりも上にOECD加盟国なし。
 確かに韓国の社会をそのまま写しているとは思います。

 高等教育到達率(Tertiary education attainment rate)が43.9%で3位ってやっぱり進学率すごいんだなぁ……でも大学進学率とは異なるから、これはおそらく4年制を卒業した率なんだろうなぁ……と思ったらここの率が一番高いのは日本でした。
 ……なんかごめん。日本の個別データはこっち
 このランキングというか統計からは韓国は日本を全体的に悪くした社会である、というイメージが受け取れますね。

 それとこのランキングではなく、記事中の「20代の失業者のうち、18.5%(7万2千人)は就職そのものをしたことがない」っていうのがすごいですね。
 以前もちらっと書きましたが、20代というのは働いている最中の失敗が許される年代でもあるのですよね。失敗しながら成長することが許されるというか。このときは就業経験がない割合は14.5%だったのですが……。
 その年代で一度も働くことなく、失敗も成功もなにもなく過ごしていく。
 自分の20代の頃を思い出したらもうね……。「くっ、いっそのこと殺してくれ」ってなりますが、それでもあれがなかったらいまの自分もないわけで。
 まあ、社会的にそれが許される環境というのがまたすごいですが。親のすねなくなっちゃうでしょ、こんなの。

 蠱毒の国だなぁ……。
 つぼの中に60人の新卒韓国人を入れて、生き残ったひとりの韓国人だけが30大財閥に就職できるのです。

 そりゃあ、ムン・ジェインによる「革命」に多くの若者が熱狂するわけですよね。
 まあ、そんなものは儚い夢に終わるのですが。

韓国人に生まれなくてよかった
武藤正敏
悟空出版
2017/6/1