[単独]韓中通貨スワップ、事実上の延長合意(中央日報・朝鮮語)
イ・ジュヨル総裁「今日も韓中通貨スワップ会議進行」(アジア経済・朝鮮語)
韓国銀行と中国人民銀行が10日に満期を迎える韓中通貨スワップ延長に実質的に合意したと、北京の消息筋が9日、明らかにした。匿名を要求した消息筋は「韓国銀行と企画財政部の関係者は韓中両国連休前の先月下旬に訪中し、中国の中央銀行である人民銀行と通貨スワップの問題を議論した結果、現行協定を維持することで合意がなされた」とし「満期当日の10日にも、両国の金融当局間のチャンネルで最終手続きとスケジュールを議論する予定だ」と語った。

この関係者は、「金融当局者間の合意にもかかわらず、習近(習近平)国家主席ら中国指導部の最終的な承認が下されるまではまだ不透明な要素が残っている」と述べた。イジュヨル韓国銀行総裁もこの日、「新規交渉か再延長かという重要ではない」とし「(通貨スワップと関連)別に言及するのが不適切である」と述べた。与党高位関係者は「韓中通貨スワップ断絶という危機は過ぎた状況」と述べた。 (中略)

韓・中通貨スワップは、世界的な金融危機当時の2008年12月1800億元(約300億ドル)規模で締結された。以後、2011年の規模が今のレベルに拡大されたし、2014年10月3年間延長された。
(引用ここまで)
イ・ジュヨル韓国銀行総裁が満期を控えた韓中通貨スワップと関連し、現在も交渉を進行中おり、まだ妥結されたものではない10日明らかにした。

この総裁はこの日午前、ソウル市中区韓国銀行本部で仕事に行く途中、記者たちと会って、「まだすべてが完結しておらず、実際に今日も、両当事者間で(韓中通貨スワップ)会議が予定されている」とし「(協議が)最終妥結されるまで待ってくれ」と頼んだ。

これはこの日午前、いくつかのメディアで韓国と中国の金融当局が満期を控えた韓中通貨スワップの延長に実質的に合意したという報道が出てきたことに対する答えである。

彼は「交渉の相手がいるものであり、最終的に妥結され発表するまで待たなければならない」とし「(報道が出てきて)今日の会議にもどのような影響を与えるか心配になる」と語った。
(引用ここまで)

 土俵際のうっちゃりで延長合意に踏み切りそうな感じではあります。
 韓国国内では「発表はまだだが、実質的に合意には至った」という雰囲気です。

 ただまあ、記事中にあるように中国政府、それも習近平クラスの承認がまだ残っているとのことですが。
 実務者レベルでは合意、あとは中国政府からの承認があれば……というところですかね。
 とりあえず速報ということで。

中韓通貨スワップ協定満期まであと1日 

アーマーガールズプロジェクト 宇宙戦艦ヤマト2202 ヤマトアーマー×森雪 約150mm ABS&PVC&金属(鎖パーツ)製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ
2018/2/28