韓国で整形手術の中国人3人、「顔が違い過ぎて」出国できず(朝鮮日報)
 韓国で美容整形手術を受けた中国人女性3人が、「パスポートの写真と顔が違い過ぎる」との理由で、中国に帰国する飛行機に乗れなかったことが分かった。

 今月8日、中国メディア「アジア・ワイア」に、腫れた顔を包帯でぐるぐる巻きにした3人の女性が金浦空港の出入国管理事務所に並んで座っている写真が公開されると、大勢の中国人ネットユーザーがコメントを寄せた。

 3人は中国の国慶節連休(10月1日−8日)を利用して韓国を訪れ、1週間の間に美容整形手術を受け、連休最終日の8日に中国に帰国する予定だったという。しかし手術によって顔全体がひどく腫れ上がり、パスポートの写真と同一人物なのか確認ができなかった。パスポートと出国に必要な書類を全てそろえていたにもかかわらず、顔が写真とあまりにも違い過ぎて中国行きの飛行機に乗れなかったのだ。3人は身元の確認ができるまで空港の出入国管理事務所で待たされたという。 (中略)

 中国の旅行サイト「シートリップ」によると、昨年1年間で美容整形手術のために海外を訪れた中国人は50万人を超えるという。このうち9万9000人は韓国を訪れている。美容整形によって「完全に変身」した中国人たちがスムーズに出国できるよう、一部の美容外科は患者のパスポート番号と手術を実施した病院名、韓国滞在期間などが明記された「整形手術証明書」を発行しているという。
(引用ここまで)

 どこかに写真ないかなーと探していたら、あっさりありました。
 若干、グロ画像なのでキャプチャしないでおきましょう。

整形手術簿記で身分確認難しく... 空港から慌て女性(世界日報・朝鮮語)
整形外科を訪れた中国人は、合計2万7646人(約58%)で、日本(5.7%)、アメリカ(5.0%)、タイ(4.6%)、ロシア(2.9%)、シンガポール(2.7%)、ベトナム(2.2 %)などを抜いて圧倒的な割合を占めた。
(引用ここまで)

 長期休暇を韓国で過ごす、という人はこういう理由もあるのですね。日本の女子高生が韓国で整形手術を受けたらパンフレットにその写真を使われた、なんて例もありましたっけ。
 術後のケアもあるので、日本人は国内でやったほうがいいと思いますけどね。両顎手術なんかだと日本国内でやっているところもないとは思うのでどうしようもないでしょうけども……。
 両顎手術だと数週間ほど壮絶に腫れが続くってことなので、この記事の中国人らもこのあたりの手術をしたのかもしれませんね。

 以前には整形した韓国人が中国から出国できなかったということがありましたっけ。
 これは韓国人が国内で整形したのだけども、パスポートの写真を更新していなかったというオチでした。なんで出国できたのかっていう問題がありますが、韓国人にとっては韓国人というのは整形していて然るべきなのでしょうね。たぶん。

 まあ、今回の写真をさらされた人も何週間後かには腫れも引いて、すっかり別人の顔になるでしょうから問題ないのかな。
 個人的には整形手術は心の問題なので、それが晴れるようならやればいいと思います。

ダーリンは70歳/高須帝国の逆襲
高須克弥 / 西原理恵子
2016/11/1