現代車レーシング用i30、国際大会デビュー戦で優勝(中央日報)
現代自動車、初出場の国際レースでまさかの優勝(朝鮮日報)
 現代自動車のサーキット(自動車レース場)用レーシングカーが初めて出場した国際大会で優勝をさらった。

 現代自動車は、同社初の販売用サーキット・レーシングカー「i30N TCR」が6日から8日まで中国浙江省の浙江インターナショナル・サーキットで行われた「TCRインターナショナル・シリーズ」第9回大会に出場し、初の決勝レースで1位になったと10日、発表した。 (中略)

 自動車業界や現地では、現代自動車のレース優勝を異例なケースだと受け止めている。業界関係者は「現代自動車は今回の大会に初めて出場し、スタート順も13番目だったのにもかかわらず、1位になった。それだけ自動車の性能が高いということだ」と語った。
(引用ここまで)

 ヒュンダイが新しくツーリンカーレースに参入して、いきなり優勝したそうですよ。
 TCRというシリーズだそうですが……聞いたことないなぁ。ちょっと調べてみましょうか。

TCR International Series(英語)

 世界ツーリング選手権であるWTCCの下にある、F1に対するF3のようなレース……なのかな。
 比較的参戦しやすいようにレギュレーションが決められているカテゴリのようです。2015年から開催されているようですね。

 で、TCRシリーズ9戦目の中国開催のレースにヒュンダイが参加して、優勝したのは間違いないそうです。レースレポートこちら。

ACE 1 – HYUNDAI WINS MAIDEN RACE WITH TARQUINI(英語)

 優勝ドライバーはガブリエル・タルキーニ……ガブリエル・タルキーニ?
 あの80年代前半にAGSやら戦闘力ゼロのポルシェエンジン搭載してたフットワークみたいなF1の弱小チームに乗っていたものの、マニアからは「本当に速いドライバーのひとり」ってされてたあのタルキーニ?
 チェックしてみたら本当に本人。55歳でまだ走っていたのですね。

 で、優勝してはいたのですが。
 優勝……というか、1位でチェッカーを受けてはいるのですが、まだ車両が承認中でポイントは無効。参考記録、みたいなものですね。
 実際に成績をチェックしても、MODEL CAR  OF THE YEARのところにヒュンダイの名前はありません。

STANDINGS - TCR International Series

 そもそもツーリングカーレースは前回優勝の車にウエイトハンデを課すのでイコールコンディションではないのです。それを「第9戦から参戦していきなり優勝!」ってのもおかしな話で。
 「嘘でした」ではないものの、極めて嘘に近いという話と判断しても間違いないでしょうね。

平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学
M・スコット・ペック
草思社
2011/8/12