キム・ジョンデ 「KF-X事業、戦闘機を作ろうというのに主要な戦闘機能を除いて、量産計画」(京郷新聞)
2026年から量産されている韓国型戦闘機(KF -X)の初期生産分40機については、北朝鮮の長射程砲や指揮通信設備を精密打撃する空対地と空対艦機能を備えていないことが分かった。敵航空機を取捨選択できる主な機能の搭載するかどうかも不透明で空対空作戦にも投入することもできない「缶戦闘機」になることがあるという憂慮も提起された。

正義党キム・ジョンデ議員(写真)は12日、「防衛事業庁と国防科学研究所(ADD)などが報告された「KF -Xシステムの開発と量産計画」を見ると、2026〜2028年に生産されているKF -X初期生産分(40機・BLOCK 1)のアクティブ位相配列(AESA)レーダーは空対空モードのみ搭載された」とし「戦争勃発後3日間韓米連合航空機運用計画は、ミッションのほとんどを地上打撃に集中するが、現行計画では、戦闘機40機が空軍作戦計画ほとんどを行うことができないという話になる」と述べた。

金議員は「特に相手の航空機が敵なのか味方なのかを区別する非協力的標的識別(NCTR)機能は、『研究開発(R&D)に成功すると、初回の量産に適用する』という但し書きがついている」とし「これでは研究開発が失敗したり、遅延した場合にはKF -X戦闘機40台の空中戦戦闘力が大幅に低下することがあるという懸念が出ている」と指摘した。

KF -X事業は空軍老朽戦闘機(F-4・F-5)を代替する韓国型戦闘機(120機)を、私たちの技術で開発する事業である。この事業は、初期量産と後続量産に分け、それぞれ2026〜28年までに40台、2028〜32年までに80機の戦闘機を戦力化する計画である。ところが初期量産分40機のAESAレーダーは、地上と海上施設を検出・打撃することができる機能が除外されており、空中戦闘のみ可能である。

さらに初期生産分はドイツ製短距離ミサイル(IRIS -T)、イギリス系の防衛産業企業の中距離ミサイル(MEteor)が搭載される予定である。これは当初、米国の武器を装備しようとしたが、米国政府の承認が遅れた結果だ。

金議員は「KF -X事業は7回行われた先行研究の中、6回で国内独自開発が難しいという結論が出たものの青瓦台次元で強行された」と語った。

防衛事業庁は「米国などの先進国も戦闘機などを開発する際に機能を追加し続けるし、段階的に開発する」とし「最終的に適用される超高難度の技術まで一度に確保して量産に入るには、有事の際、韓半島の戦力運用に支障が生じる可能性もある」と述べた。また、「初期量産分も敵味方識別装置があるので、北朝鮮軍の軍用機は当然区別こなすことができる」と述べた。技術の蓄積に基づいて2029年から後期量産が予定されている戦闘機(80機・BLOCK 供砲篭対空、空対地、空対艦機能が適用されることができるというものである。
(引用ここまで)

 開発元のKAIのCEOが逮捕され、副社長は自殺する、アメリカからの技術移転は一向に進まないなど行く末が案じられているKF-Xの続報。
 BLOCK1は対空戦闘しかできないのではないかとの話があります。
 これも国政査察でのお話。

 で、それに対して軍側は「初期生産型は欧米でもそんなもんだ」というコメントをしています。
 まあ、確かにユーロファイターなんかでもトランシェ1の初期には対地攻撃ができないバージョンとかもありましたが。
 それは600機中の100機ほどでした。
 120機生産予定中の40機がBLOCK1で対地攻撃できないっていうのはどうなんでしょうかね。
 のちのちに近代化改修とかするんでしょうが。

 ちなみに当初予定ではBLOCK1ですでにマルチロール機として成立しているはずでした。
 BLOCK2では「内蔵型ウェポンベイとステルス性能の向上」、BLOCK3では「先進的センサーと最新鋭エンジン搭載」とのことでしたが。
 なので予定としてはすでに破綻しているというか。

 インドネシアに引き渡すIF-Xはモンキーモデルにするかもしれないという話もあるので、このあたりの計画も獲得性能に影響してる気がします。
 KAIが積弊勢力としてムン・ジェイン政権から攻撃を受けていることもあって、開発継続に黄信号が灯っている状態なのですが。
 なんとかして開発継続をお願いしたいところです。

戦闘機「超」入門: これ以上やさしく書けない
関賢太郎
パンダ・パブリッシング
2017/10/13