絵画代作詐欺、歌手の趙英男被告に有罪=ソウル中央地裁(朝鮮日報)
 絵画の代作詐欺事件で起訴された歌手、趙英男(チョ・ヨンナム)被告(72)に対し、ソウル中央地裁は18日、懲役10月、執行猶予2年の有罪判決を下した。判決は「被告には絵の購入者をだます意図があった」と指摘した。

 趙被告は歌手と画家の活動を並行し、自ら「画手」と名乗っている。1973年から40回以上にわたり展示会を開き、中でも人気を集めた「花札シリーズ」は1点1000万ウォン(約100万円)を超える価格で取引された。

 今回の事件は、昨年画家のSさん(62)が「自分が書いた絵で趙氏が詐欺に及んでいる」と主張したことがきっかけだ。検察は趙被告が2011年9月から16年4月にかけ、Sさんら2人の代作画家が描いた絵26点を自分の作品として20人に販売し、1億8000万ウォンの収入を得たとして起訴された。検察によると、趙被告はSさんに絵画1点当たり10万ウォンを払い、約200点を製作してもらい、簡単な仕上げやサインをしただけで、展示会に出品していたという。

 趙被告は裁判で「Sさんらは絵画製作を助ける『助手』にすぎず、アイデアは自分が出しており、自分の作品だ」「(米ポップアートの巨匠である)アンディ・ウォーホルなどの芸術家も助手を使っており、それは現代美術の流れであり潮流だ」とし、「自分が世界的な美術家かどうかは、世界的美術家が集う光州ビエンナーレに招かれた事実で判断してもらいたい」などと主張した。

 しかし、判決は「Sさんは助手ではなく、趙被告の作品を完全に趙被告の物とは見なせない」と判断。判決は「Sさんは絵画の道具、材料も自分で選択しており、趙被告は細部を管理、監督することなく、費用のみを負担した。Sさんは独立的に作品創作に加わった作家だ」と指摘した。判決はまた、「アンディ・ウォーホルなど助手を使った芸術家は『作業場は工場だ』と言い、自ら『美術のCEO』を名乗り、助手の存在を堂々と明かしているが、趙被告はそれを隠し、逆に助手を使う製作方式を批判していた」とした。これは趙被告が放送出演などを通じ、「助手を使わず自ら描いている」「花札の絵は容易に見えても、悩んで徹夜で描いた作品だ」などと述べていた点に言及したものだ。判決はこのほか、「絵画の購入者も趙被告が自分で描いた絵だと思っており、それを知らなかったならば購入しなかったと語っている」としたほか、「趙被告は『助手を使うのは美術界の慣行』だという思慮を欠く発言で美術界に対する信頼性を損ね、美術市場に混乱を招いた」と批判した。
(引用ここまで)

 お、例のゴースト画家疑惑に地裁判決が出ましたね。
 記事中のSさんが良心の呵責に耐えかねて「私はゴースト画家だ」と名乗り出たときに、このチョ・ヨンナムは「絵を描かせてやったのに問題を起こしやがって」という発言があったことが知られています。
 1枚1万円で描かせて、サインを入れたら「100万円の絵画」ができあがりという手法だったとのこと。
 裁判では「私はプロデューサーのようなもの」という言いかたで戦ったのですが、過去に「他のタレントはどうか知らないが、私は自分の手で描いている」と発言していたこともあって「詐欺性が高い」と認定されたとのこと。

 現代美術はそのあたり難しい問題ではあります。
 記事にもありますが、アンディー・ウォーホールなんかもそうですし。
 近年では佐村河内守はなにもしていなかったというようにされていますが、自己プロデュースを含めた楽曲全体のプロデューサーとしてはそれなりに働いていたように思うのです。
 佐村河内に比べても、チョ・ヨンナムはなにもやってねえんじゃないのってところですね。

 どんな絵を描いていたかはこちらをご覧ください。
 チョ・ヨンナム+花札でGoogle画像検索
 絵筆を持ってにこやかに語っている画像がたくさんありますね(笑)。

 最終的には「私は自分の手で描いている」だの「生活できるように描かせてやったのに」だのの発言が自分の首を絞めたというオチでした。
 まあ、もうちょっと報酬を上げていたらこんなことにはならなかったんじゃないかと思うのですけどね。
 1枚1万円って。

 「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」という本を書いていたことでも、韓国ウォッチャーにはちょっとだけ知られていた存在なのです。
 ま、後年になって「日本はドイツのように謝罪をしなければならない」と発言することでチニルパのリストから外れることはできていたのですけども。
 それでもモチーフが花札ってところで、チニルパは間違いないんじゃないですかね。

ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌 (文春e-book)
神山典士
文藝春秋
2014/12/15