[単独]有事の際、どうすれば……F-15Kともすると「飛行不能」(東亞日報・朝鮮語)
空軍のF-15K戦闘機が修理部品の不足に起因する飛行不能を頻繁に起こしていることが19日、確認された。最近、韓半島に頻繁に展開された米軍の戦略爆撃機B-1B(別名「死の白鳥」)を護衛し連合作戦を繰り広げる空軍の核心戦力に穴があいたものである。

19日、国会国防委員会所属の自由韓国党キム・ハクヨン議員が空軍本部から提出を受けた資料によると、F-15Kの「修理部品の不足に起因する飛行不能」(G- NORS)発生件数が2015年50件で、今年上半期60件に急増した。同じ期間の飛行不能時間も7.9日から16.8日に増えた。飛行不能時間はG-NORS発生から部品調達し、出撃するところまでにかかった時間を合算したものである。キム議員は「空軍が部品を使い回すことで運用しているために、修理部品を取られた戦闘機が出撃が不可能である」と指摘した。

F-15Kは、韓半島有事の際に北朝鮮の金正恩労働党書記の地下執務室を精密打撃するトーラス(TAURUS)ミサイルを装着する機種である。空軍は1台当たりの価格が1000億ウォンのF-15Kを60台保有している。

KF -16戦闘機も付属品不足などで有事の際の戦力空白が懸念された。空軍本部資料によると、KF-16の「特定の任務を遂行不可」(F- NORS)発生件数が2015年の234件から、今年上半期には157件と増加傾向だ。エフノースは飛行自体は可能だが、特定の任務遂行に問題があるという状態だ。特定の任務遂行不可時間も今年上半期49.7日だった。電子戦機器の欠陥と敵のレーダー防御用修理部品の製造中止が原因である。

金議員は「戦争が勃発すれば空軍のすべての戦闘機が投入され、爆撃任務を遂行しなければならないにも関わらず、G-NORS、F-NORS発生で作戦行動が制限されている」とし「平時に防空区域の作戦任務遂行に支障がないとして安心してはならない」と指摘した。
(引用ここまで)

 毎度お馴染み、韓国空軍の共食い整備の話題。
 安定のお笑い韓国軍ネタ。鉄板です。そしてこの時期の国政査察のネタとしても鉄板。
 F-15K、KF-16ともに部品不足で飛べていないっていういつものアレです。

 つい先日も2010年から2013年の間で行われた共食い整備は1182回、うち528回がF-15Kのものであるという国政監査からの話がありました。
 2007年には韓国空軍が整備予算を300億円以上、他の用途に流用していたという話も出ています。
 タワークレーンの件でも分かると思うのですが、整備、メンテナンスというものが本当にできない人たちなのですね。
 メンテナンス作業なんて「やりました!」って言ってしまえば、本当にやったかどうかなんてことは金の流れを追わないと分かりませんからね。いわば絶好のポッケナイナイ機会。
 そんなものを韓国人が見逃すわけがない。

 で、この記事中にはありませんが、E-737、C-130といった機種も稼働率60-70%台だったとの話。
 うーん、にわかには信じがたいのですが国政査察に嘘の数字を出すと罪に問われるので、少なくとも空軍でのレポートはそうなっているのでしょうね。
 E-737なんか完成品輸入した1号機以外の2-4号機は部品取り専用で飛んでないって話でした。1号機だけの稼働率、だったらその数字とかなのかな。
 その後、2機を追加導入しようとしているとのことでしたが、あれはどうなったんでしょうね。やっぱり共食い整備用の部品取りに使われているんでしょうか。

 韓国軍が導入する兵器は世界でも一線級のものがほとんどで、空軍だけ見ても主力戦闘機はKF-16、F-15K。次期主力戦闘機はF-35A。
 それぞれ最新のものなのでパーツによっては修理は自国でできずに、アメリカ送りがほとんど。
 なので共食い整備でごまかしておく。
 だったら最初から整備しやすい機種にしておけよって思うんですが……まあ、見栄えだけは大事しなくちゃいけないお国柄ですから。

 導入がいつになるのか分からないF-35Aも修理するときはわざわざオーストラリアまで海路はるばる運搬するそうですから、大変ですわ。すぐ隣の国にも整備施設あるんですけどね。

F-35「超」入門: 何が得意で、何が不得意なのか
関賢太郎
パンダ・パブリッシング
2017/7/26