韓国の反米団体「訪弾青年団」、米国入国を拒否される(朝鮮日報)
「米国に行って反米デモを行い、トランプ大統領の弾劾運動を繰り広げる」と宣言していた韓国の青年団体が、米国入国を拒否された。「訪弾青年団(訪米トランプ弾劾青年遠征団)」は25日、ビザ問題を理由にメンバーの米国入国を拒否されたことを明らかにした。「訪弾青年団」は全国民主労働組合総同盟(民労総)、韓国進歩連帯、民主社会のための弁護士会(民弁)など、65の団体からなる「戦争反対平和実現国民行動」の青年メンバーらが18日に結成した団体だ。

 「訪弾青年団」のメンバー10人は25日午後4時55分に仁川国際空港を出発するニューヨーク行きのユナイテッド航空機に搭乗する予定だった。しかし、搭乗前に同航空の職員から、ビザに問題があるため米国入国ができないと通告されたという。メンバーらは直後に空港で記者会見を開き「自由民主主義国家の米国が、若者を恐れて入国を認めなかった」と主張した。
(引用ここまで)

 朝鮮日報では訪弾青年団となっていますが、実際には防弾青年団です。ネーミングの解説はのちほど。
 この防弾青年団という代物、なんでも「大統領弾劾の先進国である韓国から、アメリカに大統領弾劾を伝えに行くべき」という信念を持った青年団なんだそうで……。
 シンシアリーさんは「弾 劾 先 進 国」と珍しくフォント芸をしてその様子を楽しまれていましたね。

 シンシアリーさんは気づいていないようですが、このネーミングは防弾少年団というK-Popグループのパロディです。たぶん。
 うちもどんな曲をやっているかはまったくもって知らないのですが、BABYMETALのMETAL RESISTANCEが去年のビルボードワールドアルバム年間チャートで3位になっていたときに、5位だか6位に入っていたBTSというのが防弾少年団という人たちらしく。
 それでなんとなく覚えていました。

 訪問の訪と、防の読みが朝鮮語で同じ(방)ということで、「訪米トランプ弾劾青年遠征団」という団体の略称を防弾青年団と命名したのでしょう。
 ただ「防弾青年団」だと弾劾を防ぐって意味になりますね。漢字を知らないからそんなこと気にかけないでしょうけど。

 「防弾青年団」とか言ってますが、記事中にもあるように中身は「世界最悪の労組」こと民主労総とかの反米セクトに過ぎなかったのでしょう。国連本部前とホワイトハウス前で糾弾集会を開くとか予告していたのですが、10人全員の入国拒否というオチに終わりました。
 入国拒否の理由はいつものように明かされず。

 反米「防弾青年団」、美入国拒否されて... 「国内でトランプ弾劾活動」(聯合ニュース・朝鮮語)
防弾青年団FACEBOOKページ(FACEBOOK)

 そこそこ若い人たちみたいですね。
 それにしても、お揃いのパーカーが超だせえ(笑)。
 やばいくらいにださい。「制服だからこれ着てくれ」って言われたらどんなに心情的に同調していようが、絶対にやりません(笑)。
 Facebookでは「それでも自由の国か!」とか「なにを恐れているのか!」等々のイキったコメントが出てます。ついでに一時期、このFACEBOOKのページが規約違反で削除されていたとかで、「FACEBOOKも糾弾する!」って激オコさんです。
 なんでサヨクの皆さんはTwitterだのFacebookを使っておいて、規約違反で削除されるとこうして怒るのでしょうね(笑)。
 他のメディア使えばいいのに。

 いや、なかなか楽しいオチでした。
 日本も見習うべきだと思うなぁ。

服を着るならこんなふうにのセールは今日までのような気がする。
服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)
縞野やえ / MB
KADOKAWA / 角川書店
2015/12/10