「靖国神社トイレに爆発物設置した息子韓国に連れて来てください」(ニューシス・朝鮮語)
外交部「「靖国神社爆発音事件」の全貌さん健康」(ノーカットニュース・朝鮮語)
日本の靖国神社のトイレに爆発物を設置し、懲役刑を宣告され収監されているチョン・チャンハン(29)さんの母親がチョン氏の韓国移送を要請した。

チョン氏の母親イ・サンヒ(56)氏は26日、全北地方警察庁において記者たちに会った席で、「靖国神社トイレに爆発物を設置し、日本で服役中の息子を韓国に移さてほしい」と訴えた。
チョン氏は2015年11月23日、日本の東京靖国神社公衆トイレで火薬を詰めた金属パイプを爆発させ施設を毀損した疑いで、日本の裁判所から懲役4年を宣告され、東京刑務所で服役中だ。

イさんは「息子が犯罪を犯しはしたが、私益のためや誰かに損害を与えるための行動ではなかった」とし「愛国心から過去への反省せずに妄言を日常的に行う日本政府に警告を与えるためだった」と説明した。
続いて「18日の面会を行ったとき(息子が)非常に痩せていた。目と腕が痛いと言って、涙が出て息子の顔を見ることが難しかった」とし「息子の犯行意図を考慮し、韓国政府が積極的に韓国に連れてとてくれるよう強く望む」と目頭を赤くした。

また、「(息子の)裁判当時外交部で「記者や外部の人と接触すると、裁判に不利となる」という言葉を聞いた瞬間からメディアや市民団体の接触を避けた」とし「結果的に息子が日本で苦労せて裁判で負けた」と主張した。
イ氏は神社被害補償のために230万ウォンを、当時の弁護士を通じて日本に送ることもした。

法務部も国際条約に基づいてチョン氏が、4月申請した移送申請書を日本に送って回答を待っていることが確認された。
韓日間の収容者引き渡しは、通常1〜2年かかることが知られている。
イさんは「罪があれば罰を受ける。しかし、愛国心から行った行動の責任を日本に任せるとは口惜しく、恨めしい仕打ちだ」と訴えた。
(引用ここまで)
この種の主張に対して外交部は、「チョン氏が収監生活と文化的な違いなどにより、体重が減ったことは確かだが、健康上の異常な問題はないことを確認した」と明らかにした。
(引用ここまで)

 チョン・チャンハンですが、けっきょく高裁で4年の実刑判決を受けた後に上告せずに、服役しているようですね。
 上告審やっても「棄却。はい次」ってなるのは見えてましたから、賢明な判断だとは思いますが。おそらく弁護士が服役を勧めたのかな。
 韓国でもメディアによってはいまだにチョン某氏となっているところもあれば、このニューシスのようにフルネームを出しているところもありと。
 韓国人的にはいまだにどこかで「愛国義士」として売り出したい気持ちがあるのでしょう。
 韓国外交部からも当初、「顔写真を出すな、氏名を出すな」と抗議が来ていたものでしたが、有耶無耶になっちゃいましたね。

 で、母親が出張ってきて「30キロは体重が落ちたように見える」って言ってるのですが、そもそも最初の体重が90キロ以上あったってことなので、刑務所の規則正しい生活で痩せたというヤツでしょう。
 最初に姿を見たとき「え、金正男?」とか思ったのを覚えてます。
 ホリエモンの服役ダイエットと一緒ですね。
 ちなみにここ母親、求刑時にも「重すぎる!」地裁判決の時にも「判決が重すぎる。控訴してやる!」ってコメントしてました。
 この地裁判決の時にすでに10kg以上痩せていたって話ですが。

 裁判中に示談金として22万円を裁判所に供託していたという話があったときに、「そんな金はどこにあったんだろう?」ってちらっと思っていたのですが、案の定母親が払っていた模様。
 この部分もすっきりできましたわ。

 で、愛国心からやった犯罪なので、韓国政府は移送してくるべきだというような主張ですが。
 日韓共にあれと同じ犯罪者が出るとやばいという認識自体は共通しているでしょうから、さすがに移送はないでしょう。
 金嬉老の時は渡りに船で韓国に移送しましたけど。うまいこと厄介払いできましたよね、あれは。

 チョン・チャンハンについては楽韓Webでは再来日した当時から「下層のどうしようもない立場の人間が英雄になるためにあえて再来日したのではないか」という説を唱えていましたが。
 出所してから帰国して「日本ではこんなひどい扱いを受けた!」とでも主張すれば、念願の英雄になれるかもしれませんね。

現在64%オフだが、いつまでもつか……。
男子トイレで待ち合わせ 水あさと短編集 (コミックフラッパー)
水あさと
KADOKAWA / メディアファクトリー
2014/11/23