【萬物相】縁故社会・韓国(朝鮮日報)
 数年前、金融監督院の人事の季節にうわさが飛び交った。順調に出世していたA局長をめぐる「与党の実力者と6等親だから昇進順位が最上位だ」といううわさだ。A局長は「身内に聞いてみたら、13代前で分かれた28等親の続柄だと言っていた。28等親も親類と言えるのか」と反発した。それでもうわさは消えなかった。「知り合いだからそう言ううわさも出たのだろうし、そういう縁故があるから金融監督院院長が配慮してくれるのでは」というものだ。

 公務員社会には「出世すると親類が増える」という笑い話がある。誰かが一定の地位に就けば、陰に陽にいいことがあるのではと近づいてくる人が増えることを皮肉った言葉だ。もちろん、それは公務員に限った話ではない。韓国の銀行が昨年の公募採用時、金融監督院の幹部・元頭取・病院理事長などの子や親類16人の名簿を作っていたことが分かった。この16人は85倍という競争率をくぐって就職が内定していた。カジノやリゾート施設を運営する江原ランドでは2012年後半からの1年間で採用した新入社員518人の95%(493人)が縁故採用だと暴露された。その数字の高さは衝撃的だ。当然の話だが、ほとんどが旧与党関係者からの依頼だったという。 (中略)

 世間が姻族の8等親まで追求し、出世した人や権力のある人を探すのには訳がある。実力よりもコネや伝手(つて)を優先する縁故主義のせいだ。その結果、韓国人の70%が韓国を不公正な社会だと感じている。そうしたつながりを断ち切るべき時が来ているが、どうにもなかなか切れないようだ。
(引用ここまで)
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月23日に「(公共機関における)不正採用の真相を全数調査を行ってでも徹底して解明せよ」と指示したことを受け、韓国政府は1000以上に上る韓国国内全ての公共機関について、ここ5年間の職員採用に関する不正について全数調査を行うことを決めた。 (中略)

 調査対象は政府傘下の330の公共機関、地方の公企業149社、その他の関係機関610カ所の合計1089機関だ。不正の事実が摘発された場合、関係者は解任などの処分が下され、口利きなどを行った側の人物の実名や身分も公開することにした。また不正に採用された本人は解雇され、今後5年は公共機関などへの志願資格がはく奪される。

 実際に調査対象となるのはここ5年間に対象の公共機関などに採用された職員だが、330ある政府系の公共機関だけでも対象者は9万251人に上る。これに地方の公企業やその他の関係機関まで含めると、対象者は10万人を上回る見通しだ。文大統領の息子・ジュンヨン氏は2007年に雇用労働部韓国雇用情報院に採用されたが、これは10年前のため今回の調査対象からは除外される。
(引用ここまで)

 以前に「韓国の感覚では16親等までは親戚」と書いたことがありますが、さすがにそれは遠すぎるという話も聞きます。「親戚」として感覚があるのは8親等まで。葬式で正装するのも8親等まででだそうで。
 でも実際に成功者のところには何親等であろうと「自称遠い親戚」がやってくるというのも事実なのだそうですよ。
 日本人の感覚だと8親等でももう他人じゃんってとこですが。自分の中の感覚では従兄弟の子供(5親等)であればまだ……って感じですかね。

 李氏朝鮮時代から延々と続いてきた「ウリとナム」の延長線上なのですから。
 さすがに外交通商部長官が自分の娘を外交部に押し込んだのはやりすぎだと思いますけどね。
 パン・ギムンも国連で不当に人事介入しているという疑惑がありましたよね。
 韓国ではトップになったものは自分の縁故を最大に活かすのです。

 で、そういったコネ入社を「積弊勢力だ!」として一掃しようというのがムン・ジェインの方針なのです。既報
 自分は「5大不正を犯した人間は入閣させない」って宣言をひとつも守らなかったくせにね。
 いま中小ベンチャー企業部長官の指名をしているのですが、この人物(ホン・ジョンハク)も不動産投機をやっていたことが判明しています。

 さて、公共企業において5年前からすべての入社を精査して不正があった場合は解雇する、って言っているのですが。
 親戚に政府関係者がいたらコネ入社なのか、国会議員がいたらそうなのか、地方議会だったらどうなのか、公務員だったらどうなるのか。
 口利きの事実の有無はどうやって認定するのか。
 そもそも法的根拠はあるのかなぁ。
 判断基準がさっぱり分からないのですが、まあすべて「積弊だから」で済ませられるのでしょう。

 で、積弊認定されたら最大5年間育ててきた人材を強制的に解雇して、また1から研修させて使えるようにする……か。
 現場からしてみるとけっこうな悪夢ですね。

コネ持ち父さん コネなし父さん 仕事で成果を出す人間関係の築き方
川下和彦
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2016/2/10