韓国ロッテ会長に10年の求刑、グループに衝撃(朝鮮日報)
ロッテ会長に懲役10年求刑 横領・背任罪で=韓国検察(聯合ニュース)
 ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)会長が横領・背任など経営不正に関する罪で懲役10年の求刑を受け、ロッテグループはショックを隠せずにいる。

 韓国検察は30日、ソウル中央地裁刑事合議24部(裁判長:金尚東〈キム・サンドン〉部長判事)で開かれた辛会長などの特定経済犯罪加重処罰法違反(背任など)の結審公判で、辛会長に懲役10年・罰金1000億ウォン(約101億円)、辛東主(シン・ドンジュ、日本名:重光宏之)元ロッテホールディングス(HD、本社:東京)副会長に懲役5年および罰金125億ウォン(約13億円)をそれぞれ求刑した。 (中略)

 ロッテグループ側は、予想もできなかった重い求刑に当惑している。ロッテグループの関係者は「裁判部の宣告がまだ残っているので、今後の裁判の行方を見守りたい」と慎重な立場を取ったが、一部系列会社の役員などは懸念をあらわにした。系列会社のある社員は「求刑で刑の重さが決まるわけではないが、10年の求刑は思いもしなかった。今後、うちの会社の事業がどうなるのか不安」と語った。
(引用ここまで)
 ロッテ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏の次男である辛被告は親族に約500億ウォンの報酬を不当に支給した罪(特定経済犯罪加重処罰法上の横領)、系列会社ロッテシネマの売店の独占運営権を親族の経営企業に与えるなどして約1300億ウォンの損失を与えた罪(特定経済犯罪加重処罰法上の背任)に問われている。
(引用ここまで)

 サムスン電子副会長のイ・ジェヨンとは異なり、逮捕状請求はあったもののなんとか逮捕は免れたシン・ドンビンでしたが。イ・ジェヨン以上の判決が下りそうな雰囲気になってまいりました。
 どんな罪で訴えられているかはこちらのエントリをごらんください
 ロッテがここまでぼっこぼこにされるのは理由がありまして。

 イ・ミョンバク元大統領と親しい間柄にあって、その政権時代にロッテは財閥として急成長を遂げたのです。
 第2ロッテワールドが認可されたのもイ・ミョンバク政権時代。
 そしてイ・ミョンバクといえば、ムン・ジェインにとっては盟友であるノ・ムヒョンを自殺に追いやった憎き政敵。
 なおのこと、ロッテへの弾圧には力が入ることでしょう。

 なにをどうしても外様なのですよ。
 ロッテの命運を握っているのは日本ロッテの持ち株会だなんて報道もありましたし。
 そこにいまの政権は「世界4大革命のひとつであるろうそく革命」で生まれた財閥を憎んでいる政権で、公取委員長は財閥絶対殺すマン
 かつ、前述のような状況。

 これでまた実刑判決が出るようなら、ロッテ版兄弟の乱がまたひっくり返ったりしてお家騒動がさらに面白いことになりそうですがね。

御家騒動 大名家を揺るがした権力闘争 (中公新書)
福田千鶴
中央公論新社
2005/3/25