トランプ氏長女が訪韓取りやめ、訪問は日本のみ(朝鮮日報)
イバンカ氏、突然訪韓日程を取り消し…東京女性会議のみ出席(中央日報)
突然キャンセル... イヴァンカ韓国には来ない(チャンネルA・朝鮮語)
 今月7−8日に訪韓する米国のトランプ大統領と共に韓国を訪れる予定だった長女のイバンカ氏が、訪韓を取りやめたことが分かった。イバンカ氏はトランプ大統領のアジア歴訪の最初の訪問国、日本には同行するが、その後ワシントンに戻るという。 (中略)

 ホワイトハウスの大統領補佐官でもあるイバンカ氏は、トランプ大統領の政策に直接・間接的に関わっており「実質的なファーストレディー」とも呼ばれている。イバンカ氏の訪韓を控え、韓国側は国内の女性実業家らとの面会などを計画していたが、実現はかなわなかった。
(引用ここまで)
これに伴い、イバンカ氏はトランプ大統領の日本到着(5日)に先立って東京で開かれるWAWの日程に出席し、3日に女性の経済参加と女性企業活動をテーマに基調演説する予定だ。日本は当初の行事日程(1〜2日)をイバンカスケジュールに合わせて一日延長し、イバンカ氏招待に積極的に動いていた。イバンカ氏がトランプ大統領の訪日日程(5〜7日)まで同行すれば、少なくとも4日間は日本に留まることになる。

韓国はこれに先立ち、イバンカ氏が主導した国際機構「女性企業家基金」に1000万ドル(11億3840万円)の拠出を約束し、来年度予算にもこのうち30億3100万ウォン(3億1000万円)を編成している。今回の訪韓時には、イバンカ氏の関心事を考慮して各界各層で活躍する女性企業家との交流できる催し物を開催する予定だったが、計画は失敗に終わることになった。
(引用ここまで)

 うーん。
 これ、アメリカからの制裁かもしれません。
 THAAD問題の手打ち(と思っているのは韓国だけかもしれませんが)を、中韓間で勝手にやってしまい、「追加のTHAAD配備はない」「MDシステムへの参加はない」「日米韓の三カ国同盟は結ばない」と韓国政府は宣言してしまった。
 どれもアメリカがからんでいることで、本来であればアメリカからの許可なしで動けるようなことではなかった。
 でも、おそらくは韓国政府は独断でこれらの「三不」に同意してしまったのではないでしょうか。

 さすがにトランプ大統領の訪韓自体をやめることはできないから、イヴァンカ・トランプの訪韓、訪中を取りやめさせた……というのは穿ちすぎかなぁ……。
 税制改革がアメリカで行われているのはスケジュール的に確かなので、それを隠れ蓑にしているって感じですかね。

 実際、「実質的にはイヴァンカがファーストレディだ」というのは以前から語られていることです。
 韓国訪問は「国賓」として招待されているのですが、ファーストレディを帯同しない国賓なんていないだろうって話なのですよ。
 外交プロトコール的には。

 しかも、トランプは事前に「本当は日本にだけ行きたかった」という情報を流したりもしているし、さらにあからさまに韓国滞在を短くしているという側面もある。
 記事中にあるように「イヴァンカ訪韓に向けてさまざまな準備をしていたが無駄になった」というのも事実。
 あり得ない話ではないと感じられますが。

プロトコールとは何か 世界に通用する公式マナー (文春新書)
寺西千代子
文藝春秋
2016/11/20