認知症の95歳辛格浩被告に懲役10年求刑、法曹界から疑問の声(朝鮮日報)
 韓国検察当局は1日、ロッテグループの辛格浩(シン・ギョクホ)総括会長(95)=日本名・重光武雄=に対する論告求刑公判で、懲役10年、罰金3000億ウォン(約308億円)を求刑した。(中略)

 辛格浩被告は昨年10月、長男の辛東主(シン・ドンジュ)SDJコーポレーション会長=同・重光宏之=と事実婚の関係にあるソ・ミギョン氏(57)親子に対し、会社への勤務実態がないにもかかわらず、508億ウォンの給与を支払ったとして起訴された。辛格浩被告は認知症の症状がある。大法院(最高裁に相当)は昨年6月、辛格浩被告について、正常な意思決定が不可能な状態だと判断し、限定後見人の選任を決めた。公判に車椅子で出廷した辛格浩被告は、裁判を受けているという事実すら認識できないように、不規則な発言を行った。

 法曹界では、そんな状態の辛格浩被告に検察が懲役10年という重い刑を求刑したことの妥当性に疑問の声が上がっている。辛格浩被告の弁護人は法廷で「辛格浩会長が愛国心と経営哲学を非難されることなく、経済界を静かに引退できるようにしてもらいたい」と訴えた。10月30日の公判でも弁護人は「記憶力をほとんど失い、自己防衛能力がない辛格浩会長を前科者にしないでほしい」と述べた。 (中略)

 検察は30日に辛格浩被告の次男、辛東彬被告(62)にも懲役10年、罰金1000億ウォンを求刑した。検察は「ロッテのオーナー一族が想像可能なあらゆる方法を使い、企業財産を私有化した。その規模は例がないほどで、厳しい処罰が必要だ」と主張した。(中略)

 検察は辛東彬被告らロッテ幹部9人の逮捕状を請求したが、6人については請求が棄却された。裁判所は辛東彬被告の逮捕状請求を退け、「犯罪容疑に対する法理上の論争の余地がある」と指摘した。捜査の第一段階である犯罪容疑の合理的推定がなされなかったことになる。

 検察の求刑は裁判所が基準とする法定刑や量刑基準を逸脱するものではなかった。しかし、法曹界からは捜査結果に比べ、検察の求刑が重過ぎるとの指摘が出ている。ある弁護士は「検察が財閥捜査に対する国民感情などを考慮し、メンツを失わないように重い刑を求刑したのではないか」と指摘した。
(引用ここまで)
 昨日、ロッテ創業者のシン・ギョクホに懲役10年求刑というニュースがあったときに「うん? そりゃロッテ会長のシン・ドンビンのほうじゃないの?」って思ったのですよ。
 なにしろ、ロッテ創業者の重光武雄ことシン・ギョクホは95歳。記事にあるように認知症を患っていてまともなやりとりもできない状態。
 懲役10年がまんま判決に反映されたら獄中死間違いなし。っていうか、実刑判決が出て懲役になった時点で獄中死確定ですわな。
 先日も語ったように、財閥としてのロッテはイ・ミョンバクと昵懇。
 そしてイ・ミョンバクはムン・ジェインにとって許しがたい政敵。
 「航空機運航に支障がある」として何度も却下されていた第2ロッテワールドの建設許可も、イ・ミョンバク政権下で行われたものでした。

 でも、言ってみればシン・ギョクホは日本の国富を韓国に注ぎこんできた国家的英雄ですよ?
 逆の視点で見れば日本での菓子屋が規模5位の財閥にまで成長させるほどに、韓国で搾取してきたということにもなるんでしょうが。
 それでもここまで韓国に財力を注いできたのは確かだし、韓国の成長の一助となってきたのは間違いない。
 立身出世を成し遂げた人物といっても過言ではないのですけどね。

 「日本から国富を注ぎ込んだ」でも「韓国で搾取してきた財閥の長」でも、どっちにしてもイ・ミョンバクと組んでいたという時点で、ろうそく革命においては反革命勢力となって断罪されるべき存在であるってことなんでしょうが。
 おまけに在日であったために親子共々兵役義務回避。
 韓国人の鬱憤の矛先は向いてもなんの不思議もない人物ではありますね。
 そのあたりに「懲役10年、罰金3000億ウォン」という求刑の重さの原因を見ることができます。

 無罪になったとしても、失意の日々を送るのは間違いないかなぁ……。
 第2ロッテワールドタワーも開業して、その高層階(114階)で最期の時を迎えられるかというところまで登り詰めた人物でしたが、まさかこんな晩年を迎えようとは。
 悲惨なものです。

 ソ・ギョンドクも同様ですが、イ・ミョンバクと付き合いのあった人間はすべて許されない存在なんでしょうね。

韓国人に生まれなくてよかった
武藤正敏
悟空出版
2017/6/1