THAAD:韓中関係修復合意、米国で相次ぐ懸念の声(朝鮮日報)
THAAD:韓国外交部「『三不』は『約束』ではないと中国に伝えた」(朝鮮日報)
 韓国と中国が終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題の関係修復に電撃合意したことについて、米国の複数のシンクタンクが1日(現地時間)、「合意は米国を非常に驚かせた」として、これがトランプ大統領の訪韓時に問題になる可能性があるとの見方を示した。米国メディアも合意の背景に関心を寄せている。

 米紙ニューヨーク・タイムズは同日、韓中合意に関する記事で「公式的にはトランプ政権は(韓中の)雪解けを歓迎した。しかし、米政権のある高官は、この合意が問題を複雑にする可能性があることを認めた」と報じた。

 また、米戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン副所長は同日、ワシントンDCで行われたトランプ大統領のアジア歴訪に関するセミナーで「トランプ政権は米日だけでなく韓米日の安保協力を強化しようとしている。そのような状況で韓国政府が中国と共に発表した声明は、人々を非常に驚かせた」と述べた。グリーン氏はさらに「中国政府によると、韓国はTHAADの追加配備、韓米日3か国の軍事同盟、米国のミサイル防衛(MD)システムへの参加を否定した」として「韓国の発表文では(この部分が)あいまいになっているが、万が一これが事実なら、韓米日の協力を堅固にして中国を通して北朝鮮に圧力をかけようとしていたトランプ政権の努力を阻害するだろう」と指摘した。また「この部分は(トランプ大統領のアジア歴訪でわれわれが絶対に見守るべき部分だ)と主張した
(引用ここまで)
 韓国外交部(省に相当)は康京和(カン・ギョンファ)長官が国会国政監査で発言した ▲終末高高度防衛ミサイル(THAAD)追加配備中止 ▲ミサイル防衛(MD)不参加 ▲韓米日3カ国軍事同盟に発展しない、といういわゆる「三不」という立場を、中国側が「約束」と表現していることについて、「中国側に問題提起した」と2日、明らかにした。「三不」という立場は韓中合意文には入っていない。しかし、康京和長官が国会でこれを述べ、中国外務省報道官が「約束」と表現したことから、韓国政府が「三不」で裏合意したのではないかという見方が出ている。

 韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は同日の定例記者会見で、「(『三不』という立場について)中国外交部が『約束』だと言っているが、それに対して抗議する予定があるのか」という質問に、「『約束』という表現を使ったことについて、我々は中国側に問題提起した。その後、その表現は中国語の表現で『立場表明』に変わったと聞いている」と答えた。
(引用ここまで)
 約束かそうじゃないかとか関係ないから。
 韓国政府が「三不」を表明した時点で終了なのですよね、この話は。
 中国が「韓国は中国に対して『THAADの追加配備をしません』『日米韓の三国同盟を結びません』『アメリカのミサイル防衛システムに参画しません』と約束した」と言い、カン・ギョンファが国会でそれを追認してしまっただけで大問題。
 「約束」の部分が問題なんじゃない。
 あのマイケル・グリーンですら「この表明は人々を驚かせた」って言ってしまう。

 アメリカの逆鱗に触れているのですよ。
 北朝鮮に対しても、そして中国に対しても日米韓でアメリカを頂点とした疑似三国軍事同盟でやっていこうというのが、アメリカの意向でした。将来的には三国同盟もあり得るというのが基本的な方針だったのでしょうね。
 それにちょくちょく反抗していたのが韓国で、その理由は「日本とは歴史問題が解決されていないから一緒にやれるわけがない」というもの。
 それが建前であるということはアメリカも充分に理解した上で、日本と韓国に慰安婦合意を結ばせて歴史問題を解決した……はずなのです。
 それでもまだ「三不」、特に「日米韓の三国同盟を結びません」とやってしまった。

 それでなくとも韓国訪問は日数が少ないってブーブー言っているのに、なおのこと優先順位を下げられるし、話す内容はこの件だけになるってものでしょう。
 本当にトランプ大統領の訪韓、及び韓国国会での演説が楽しみになってきましたわ。

ルトワックは韓国を軍事同盟国とは見てない感じだったなぁ……
戦争にチャンスを与えよ (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2017/4/20